快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

格安スマホで通信料を削減する方法を解説!

*

富士通arrows M02が家電量販店でも購入可能に!

      2015/11/06

防水性能/おサイフケータイ/ATOK搭載など、多くの機能を盛り込んだ富士通arrows M02が家電量販店でも購入可能になることが判明しました。

→参考:富士通SIMフリースマホarrows m02が魅力的な機能/装備がてんこもりでいい感じに仕上がっている!
→参考:富士通arrows M02に触ってきたのでレビューしてみた!

引用元:富士通Webサイト

家電量販店でも購入可能に

これまでの情報では、NifMo、BIGLOBE、mineoなどのMVNOでSIMカードとセットで購入する方法しか明示されていなかったのですが、家電量販店でスマホ単体で購入できるようになるということなので、すでにSIMカードを使っており、arrows M02本体のみを購入したい人にとってはは朗報ですね。

販売されるのは、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、PC DEPOTです。

ちなみにarrows M02を取り扱うMVNOは、NifMo、BIGLOBE、mineo、IIJ mio、DMM mobileです。

ヨドバシカメラでは39,740円で販売

販売価格を確認するためにヨドバシカメラのネットショップの該当ページにアクセスしたところ39,740円(税込:以下同)。10%のポイント還元が付くので実質的な購入額は35,766円です。

現在、MVNOのIIJ mioがSIMカードとセットでarrows M02を販売していますが、一括払いで32,184円なので
35,766-32,184=3,582円だけ、IIJ mioの方が安く購入できる計算になります。

人気モデルなので早めに対応した方がいいかも

arrows M02は、防水性能、高い耐久性、明るい液晶、おサイフケータイ、ATOK搭載など、非常に充実したSIMフリースマホです。しかもメーカーは富士通。海外製のスマホはどうも・・・という人でも安心して使うことができます。実際、人気は高め。当ブログでも関連記事には結構アクセスが集まっています。

arrows M02は10月29日に発売予定です。

→参考:富士通arrows M02を安く購入する方法まとめ

アドセンス

アドセンス

  関連記事

富士通arrows M02に触ってきたのでレビューしてみた!

先日発売されたばかりの富士通arrows M02に触ってきたのでレビューしたいと …

富士通arrows M02のSIMカードはnanoサイズ!他のAndoroidスマホと併用して使おうと思っている人は注意が必要!

富士通から登場したarrows m02は、おサイフケータイ機能、防水性能、ATO …

富士通arrows M03を安く購入する方法まとめ

富士通arrows M03は、防塵・防水性能・おサイフケータイ機能を備えたSIM …

富士通arrows M03レビュー:非常に使い勝手のいい防水スマホ!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 富士通のarrows M03の貸出を受け …

楽天モバイルで富士通arrows M02を9,800円でゲットできるキャンペーンの詳細まとめ

防水・防塵設計でおサイフケータイ機能を搭載している富士通のarrwos M02を …

富士通arrows M03とHUAWEI P9 liteのスペックを比較してみた!

防塵・防水性能・おサイフケータイ機能を備えた富士通 arrows M03と人気の …

富士通SIMフリースマホarrows m02が魅力的な機能/装備がてんこもりでいい感じに仕上がっている!

富士通から登場したSIMフリースマホarrows m02。国産メーカーのSIMフ …

富士通arrows M02を安く購入する方法まとめ

富士通のSIMフリースマホarrows M02の前評判が高いですね。防水性能/お …

富士通arrows M04とシャープAQUOS SH-M04のスペックを比較してみました!

国産メーカー製で防水・防塵対応でおサイフケータイ機能を搭載した富士通arrows …

富士通arrows M03とM04のスペックを比較してみた!

高い人気を誇る富士通SIMフリースマホarrows M03の後継モデルとしてar …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>