快適節約術123

格安スマホで通信料を削減する方法を解説!

*

2つの方法を試したらスマホのバッテリ駆動時間が大幅に延びた!

      2015/09/29

ぼくはZenFone 2をメインスマホとして使用しているのですが、ちょっと前までバッテリ駆動時間の短さに悩んでいました。

朝にフル充電していても、夕方にはバッテリ切れを起こす日も・・・ゲームや動画再生といった、負荷の高い作業を実行しているわけではないですけどね・・・

そんなとき、2つの方法を試してみたら、バッテリ駆動時間が大幅に延びたのでシェアしたいと思います。


バッテリ駆動時間を延ばすためにぼくが実践した2つの方法

ぼくが実践したのは非常にシンプルなやり方。

1つはGoogleアカウントの同期を外して通信量を減らす方法、もう1つは起動しているアプリの数を減らす方法です。

→参考:Googleアカウントの同期設定を外したらバッテリ駆動時間が大幅に延びた!
→参考:バッテリを長持ちさせたいのなら、使用していないアプリをこまめに終了しよう!!

詳しい方法はそれぞれの記事を参考にしてもらいたいのですが、どちらの方法もそんなに手間はかかりません。

ぼく的にはGoogleアカウントの同期を外す方法の方が効果が大きかったかなあ。いらない同期を外すだけで、こんなにもバッテリ駆動時間が違うものなのか、とびっくりしましたね。それほど頻繁に使う必要のない項目も多いので、デフォルトでオフにしてもらっていてもいいぐらい。

もう1つの使用していないアプリを終了させる方法は、Googleアカウントの同期を外す方法とちがって、手間がかかりますが、習慣づけると、スマホを終わらせる前に、自然とアプリを終了するようになるので、そんなには面倒くさくないですね。2回タップするだけなので楽チンです。

バッテリ残量を気にしなくてもよくなった!

この2つの方法を実践したおかげで、バッテリ駆動時間が大幅に延びました。朝フル充電すれば、普通の使い方をしている限り、翌朝までバッテリが持つようになりましたね。

おかげで、常にバッテリ残量を気にしなくても済むようになりました。やっぱり、どれだけ高機能であっても、バッテリがすぐなくなるようではストレスばかり溜まってしまいますからね。すべてのAndoroidスマホで有効かどうかはわかりませんが、もし、バッテリ駆動時間に不満を感じているようであれば、試してみる価値はあると思いますよ。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

スマホの通信料を大幅に削減できるMVNOですが、皆が導入をためらう最大の理由とは?

最近MVNOが話題ですね。今年5月のSIMロック解除に向けて新しい事業者がどんど …

これからキャリアでスマホを持つのならNTTドコモがおすすめ!その理由とは?

ぼくはこれまでソフトバンクのiPhoneを使用していました。先日、格安MVNOの …

TVで取り上げられていた格安スマホの3つの注意点について考察してみる。格安スマホが向いているのはこんな人だ!

テレビ東京のWBSで格安スマホが特集されていましたが、そこでは格安スマホが人気を …

初めてのSIMフリースマホとしてオススメなモデルを3つ挙げてみた!

SIMフリースマホが好きでいろんなモデルを使ったり、触ったりしていますが、その中 …

Anker PowerCore 13000モバイルバッテリー購入レビュー:コンパクトながら13000mAhの大容量バッテリを搭載!

これまでモバイルバッテリーとしてeneloop(懐かしい!)の5000mAhのバ …

同じキャリアで同じ端末を長く使う人に余分なコストを負担させ続ける大手キャリアのサービスってどうなの?

ずっと同じキャリアで機種を変更することなく同じ端末を使い続けている人っていますよ …

MVNOを使えばスマホの通信料金を大幅に削減できるけど、速度も重要だよね。ということで、どのMVNOの通信速度が速いのか調べてみた!オススメのMVNOは・・・

最近いろんなMVNO事業者が出てきて、業界は大賑わい状態です。最安値宣言をしてい …

SIMフリースマホが気になるけど、そのメリット/デメリットは?

最近SIMフリーのスマートフォンを耳にする機会が増えていませんか?来年5月にはS …

格安SIMが売りのMVNOだけどそれだけで選んじゃダメ!絶対抑えておきたいポイントとは?

最近格安SIMを提供するMVNOが大きな話題を集めています。NTTドコモ/au/ …

Windows 10 Mobileを搭載している主なスマホのスペックを比較!

Windows 10 Mobile搭載のスマホが続々登場してきていますね。ここで …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>