快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

BIGLOBE徹底解説:特徴/料金のまとめ

      2016/04/30

大手プロバイダのBIGLOBEが提供する格安SIMサービス。他のMVNOでは、毎月10GBまでのプランしか用意していないところが多いのですが、BIGLOBEでは12GBまで使えるプランを用意。大容量データを扱う人にオススメです。

引用元:BIGLOBE

メリット

・大容量の12GBのプランを用意
・通信容量を複数のSIMでシェア可能(6GB/12GBプランのみ)
・人気の高いSIMフリースマホをセットで購入可能
・余ったパケットは翌月に繰り越し可能
・Webブラウザで利用可能なBIGLOBEメールが利用可能
・BIGOLOBE WiFiを利用可能(6GB/12GBプランの利用者は無料)
・BIGLOBEでんわサービスを利用可能(毎月60分の通話を月額650円で利用できる)

料金プラン

スタート
エントリー
ライトS
12ギガ
通信容量
1GB/月
3GB/月
6GB/月
12GB/月
データ
通信専用
-
900円
1,450円
2,700円
音声通話
1,400円
1,600円
2,150円
3,400円
利用可能SIM枚数
1枚
1枚
3枚
5枚
BIGOLOBE WiFi
有料
1ライセンス無料
通信速度制限
直近72時間200MB以上で制限することがある
無制限

 

用意されているプランは1GB/3GB/6GB/12GBの4つのプランのみ。非常にシンプルです。しかも1GBプランは音声通話のみ。データ通信専用プランでは用意されていません。

まあデータ通信プランを利用する場合、毎月1GBで収まる使い方をする人は少ないと思うので、3GBからというのは妥当なプランでしょうね。

ライトな使い方をするのであれば3GBプラン、ちょっとヘビーな使い方をするのであれば6GBプラン、動画/画像のダウンロードを頻繁に行ったり、ゲームを楽しみたいのであれば12GBプランがオススメです。

【その他の条件・費用】
初期費用:3,000円
最低利用期間:12か月間(音声通話プランのみ)
解約金:8,000円(音声通話プランのみ)
MNP転出時費用:3,000円

複数のSIMカードでシェア可能

プランに応じて、利用可能なSIMの枚数が異なります。1GB/3GBプランでは1枚のSIMカードしか利用できませんが、6GBプランだと3枚、12GBだと5枚のSIMカードでシェア可能。

つまり
・6GB/3=2GB
・12GB/5=2.4GB
となり、6GBプランだと1つのSIMカードで2GB、12GBプランだと2.4GB利用可能です。

お互い容量を融通しあえるので、家族でシェアするのに最適ですね。

SIMを1枚追加するたびに追加手数料が3,000円(税別)発生します。さらに、シェアSIM1枚毎に月額利用料がかかります(音声:900円/SMS:320円/データ:200円)。

BIGOLOBE WiFiを利用可能

カフェやコンビニ、空港などで、通信容量を気にすることなくネットに接続することができます。専用アプリ(無料)でエリアに入ると自動で接続するため、いちいち手動で接続する必要はありません。6GB/12GBプランでは1ライセンス無料で利用可能です。

まとめ

BIGOLOBE SIMは、大手プロバイダが運営している安心感もあり、人気のあるSIMサービスです。

*詳しくは、BIGLOBE(公式Webサイト)を参照してください。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>