快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

DMM mobile徹底解説:特徴/料金/評判のまとめ

   

DMM mobile
は、DMMが提供するMVNOサービス。DMM mobileは、SIMデータ通信で月額440円(税抜)~という格安料金を実現した格安MVNO。バックボーンに、通信の安定性で定評のあるIIJ mioの回線を利用しています。料金の安さ、DMMというネームバリューが受けて、人気を集めています。


メリット

・業界最安値水準の通信プランを提供
・多彩なプランが用意されている。非常にきめ細やか
・大容量プランがあるので、動画/音楽を存分に楽しみたい人も安心
・シェアコースがあるので家族で契約すればお得
・余った基本データ通信量は翌月へ繰り越し可能
・安定した通信で定評のあるIIJ mioがバックボーン
・低速時にも快適に利用できるバースト機能を提供
・人気のあるスマホを多数用意

多彩な料金プラン

DMM mobileの大きな特徴として、料金プランが多岐にわたる点が挙げられます。

料金プラン

データSIMプラン
通話SIMプラン
ライト
(最大通信速度200Kbps)
440円
1,140円
1GB
480円
1,260円
2GB
770円
1,380円
3GB
850円
1,500円
5GB
1,210円
1,910円
7GB
1,860円
2,560円
8GB
1,980円
2,680円
10GB
2,190円
2,890円
15GB
3,600円
4,300円
20GB
4,980円
5,980円

通信速度に制限のあるライトプランを含めれば、なんと10の料金プランの中から選べます。ここまで、細かく料金プランを設定しているMVNOは他にはないですね。自分が利用するデータ容量がわかっている場合、自分にぴったりのプランを選ぶことができます。

また10GBを超えるプランも用意されているので、動画/音楽など大容量データを頻繁にダウンロードする人も利用可能です。

シェアプラン

データSIMのみ
(最大3枚)
通話SIM1枚+データSIM最大2枚
通話SIM2枚+データSIM最大1枚
通話SIM3枚
8GB
1,980円
2,680円
3,380円
4,080円
10GB
2,190円
2,890円
3,590円
4,290円
15GB
3,600円
4,300円
5,000円
5,700円
20GB
4,980円
5,980円
6,680円
7,380円

DMM Mobileでは、シェアプランも用意されています。1つの契約で最大3枚のSIMカードを利用することが可能。家族でデータ量を共有することができるため、コストを削減できます。

DMM Mobileを利用しています

ぼくは、料金の安さと通信の安定性、バースト機能に魅力を感じたので、DMM Mobileを利用しています。

→参考:格安SIMを提供するMVNOとしてなぜDMM mobileを選んだのか?

→参考:DMM Mobileに申し込んだのでSIMカードが届くまでの流れを解説するよ!

→参考:DMM Mobileの接続設定はすごく簡単!ネットワークに接続する手順について詳しく解説するよ!

まとめ

以上、DMM Mobileの特徴/料金プラン等について詳しく見てきました。

多彩な料金プラン/シェアプランが用意されていたり、バックボーンがしっかりしていたり、とこれから格安スマホを始めようという人にオススメのMVNOだと思います。

*詳しくはDMM mobile
(公式サイト)を参照してください。



アドセンス

アドセンス

  関連記事

DMM Mobileに申し込んだのでSIMカードが届くまでの流れを解説するよ!

SIMスリースマホのZenFone 2を購入したので、いろいろ検討した結果、MV …

DMM Mobileの接続設定はすごく簡単!ネットワークに接続する手順について詳しく解説するよ!

先日、MVNOとしてDMM MobileのSIMカードに申し込みました。無事SI …

DMM mobileの3ヶ月間毎月データ容量1GB増量キャンペーンの詳細まとめ:DMM mobileは通信料金も安く、容量の区分が細かいのでおすすめ!!

ぼくも契約しているDMM mobileですが、新規で契約すると3ヶ月間毎月データ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>