快適節約術123

格安スマホで通信料を削減する方法を解説!

*

FREETELの最大1年間毎月1GBまでのデータ通信量が無料になるキャンペーンがいよいよ本日(5/16)迄!

      2016/05/24

FREETELで最大1年間毎月1GBまでのデータ通信量が無料となるキャンペーンがいよいよ本日(5/16)迄となっています。

FREETELキャンペーン

引用元:FREETEL公式ページ

詳しくは次の記事を参照してもらいたいのですが、最大1年間1GBまでのデータ通信がタダで使えてしまうというのは非常にお得です。

→参考:FREETELで最大1年間毎月1GBまでのデータ通信量が無料になるキャンペーンを実施中!

FREETELはぼくも契約していますが、快適に使えています。1GB分ということは499円(税抜)が毎月無料になる計算になります。1GBを超えると料金が請求されますが、キャンペーン期間中は支払いたくない!というのであれば、通信速度は遅くなってしまいますが、節約モードをオンにすることで、料金の発生を防ぐことが可能です。

→参考:FREETEL SIMで「節約モード」をオンにして利用料金を節約する方法を詳しく解説!

FREETELでは従量制の料金プランを採用しているので、使用量に合わせた支払いが可能。使わない分の料金も発生することがありません。使いすぎが気になる人の場合、前述の「節約モード」を使えばOK。

とりあえずFREETELのサービスが気になっている人は、この機会に申し込むのがベターだと思いますよ!毎月1GB以下に抑えるのであれば、当面発生するのは契約時の手数料だけですから。また解約時の手数料も発生しないので、気に入らなければすぐに解約することができます(ただしMNPで転出する場合は手数料が発生)。

お得なキャンペーン!

今回のキャンペーンでは、毎月1GBのデータ通信料がスマホとSIMのセット契約で12か月無料、SIMカードのみの契約で6か月間無料になるので非常にお得だと思います。本日(5/16)迄となっているので、検討している方はお急ぎを!!

*キャンペーンに関する詳細についてはFREETEL公式ページを参照してください。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

FREETELスマホを購入するなら、FREETEL買取サービスを利用してみるのもありかも!

格安料金でLTE回線を利用できるうえ、コスパの高いスマホも提供しているFREET …

FREETEL Simpleレビュー:超コンパクトで軽量なSIMフリーフィーチャーフォン!!

FREETELのイベントで発売前のSIMフリーフィーチャフォン「Simple」に …

FREETEL Simple2に触ることができたので詳しくレビューするよ!

FREETEL本社で開催されたブロガーイベントで、Simple 2の存在が明らか …

やっぱり使いやすい!コストパフォーマンス重視のSIMフリースマホを探しているならFREETEL SAMURAI REIがおすすめ!

格安スマホやMVNOが脚光を浴びる中、どのスマホを選んでいいのか迷っている人も多 …

freetelが提供する3つのスマホ(priori2/nico/XM)を徹底比較!

freetelは、月額670円(税抜)からという格安SIM通信サービスを提供する …

FREETEL SAMURAI MIYABIの気になる完成度は?

9月頭から量産が始まり、いつ発売になるのかが気になるFREETELのSIMフリー …

最大40%オフでゲットできるFREETELスマホのアウトレット品で在庫切れ/僅少モデルが出てきています!!(6/21更新)

最大40%オフでゲットできるFREETELスマホのアウトレットキャンペーンを実施 …

FREETELスマホの製品アップデート情報がまとめられているページがあるのは便利!

FREETELからは多数のSIMフリースマホが提供されていますが、自分が購入した …

FREETELが、LINEなどのメッセンジャーアプリのデータ通信を無料に!!LINEのヘビーユーザーは超お得!!

格安MVNOとして攻勢をかけるFREETELがまたしても新しいサービスを登場させ …

FreetelのSIMフリーAndoroidスマホSAMURAI MIYABI/KIWAMIについて解説するよ!

格安スマホ/SIMを提供するFreetelから新たなSIMフリーAndoroid …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>