快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

freetelが提供する3つのスマホ(priori2/nico/XM)を徹底比較!

      2015/09/02

freetelは、月額670円(税抜)からという格安SIM通信サービスを提供するMVNOでありながら、自社ブランドのスマホも提供しています。

→参考:格安スマホ/SIMカードを提供するfreetelの特徴について詳しく解説するよ!

ここでは、freetelが提供する3つのスマホについて詳しく解説します。

freetelのスマホ(priori2/nico/XM)の特徴

freetelで用意されているスマホは、priori2、nico、XMの3種類(上の写真の右から順)。

priori2は3G/LTE対応モデルの両方を用意していますが、3G対応モデルはなんと1万円を切る安さを実現しています。

液晶サイズも3モデルの中で最も小さく、解像度も低めですが、OSはAndoroid 4.4、CPUにクアッドコア、メモリは1GBを搭載するなど、基本的なスペックはしっかりしており、とても1万円を切るモデルと思えません。

とりあえずスマホが欲しいが最低限のスペックでいい、価格重視という人にオススメのモデルです。担当者の方によれば、3G対応モデルが3つのモデルの中で最も人気があるモデルだそうです。やはり、圧倒的な安さが受けているとのこと。

【freetel priori2レビュー】
freetel priori2レビュー:1万円を切る格安スマホとは思えない完成度の高さ!

nicoは、5インチの大型液晶を搭載し、解像度も高いため、非常に使い勝手のいいモデルです。さらに2万円を切る価格を実現しているので、コスパもいいですね。ただし、LTE対応モデルは用意されていません。

【freetel nicoレビュー】
freetel nicoレビュー:大型液晶を搭載しつつコスパも重視したミドルレンジスマホ

XMはハイエンドモデル。薄型軽量ボディを採用しつつ、5インチの大型液晶を搭載しています。デザインにもこだわっているので、見た目にこだわる人にお勧めです。LTEにも対応しているので高速通信が可能。

【freetel XMレビュー】
freetel XMレビュー:薄型/軽量でデザインにもこだわったハイエンドモデル

左から順にXM、nico、priori2です。

priori2/nico/XMの比較

3つのモデルのスペックを比較すると下の表のとおり。

priori2
nico
XM
1万円を切る価格を実現したエントリーモデル。
大型液晶を搭載しつつ、価格にもこだわったミドルレンジモデル
薄型軽量のハイエンドモデル
液晶
4.5型
5型
解像度
854×480
1280×720
LTE対応

(LTEモデルあり)
-
OS
Android 4.4
CPU
クアッドコア
1.2GHz(LTE)/
1.3GHz(3G)
クアッドコア 1.3GHz
クアッドコア 1.2GHz
メモリ
1GB
ストレージ
8GB
16GB
microSD
スロット

(最大32GB)
-
カメラ
(背面)
500万画素
800万画素
バッテリ
1700mAh
2000mAh
2300mAh
SIM
■3GBモデル→micro/標準
(2スロット)
■LTEモデル→micro/micro
(2スロット/国内で使用できるのは1つのみ))
micro/標準
(2スロット)
micro
(1スロット)
ワイヤレス
802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
テザリング
GPS
高さ
132.8mm
145.5mm
142.3mm
66.3mm
72mm
70.4mm
厚さ
8.9mm
8.85mm
7.8mm
重量
132g
157g
132g
マットブラック/
パールホワイト

全27色のカバーを用意

ブラック/
ホワイト/
シャンパンゴールド
ブラック
価格
(税抜)
9,980円
(3G)/
17,800円
(LTE)
17,800円
24,980円

大きな違いは液晶の大きさ/解像度。priori2が最も小さな4.5インチ、nicoとXMは5インチです。液晶の解像度も異なり、pirori2が854×480ドット、nico/XMは1280×720ドット。さすがにpirori2の解像度は低いため、表示領域は狭いですね。このあたりは低価格モデルということで割り切りが必要かもしれません。

あと最上位モデルのXMにはmicorSDカードスロットが搭載されていないので注意が必要。3つのモデルの中では一番多い16GBのストレージ容量を搭載していますが、後から容量を拡張することができません。

あとLTEに対応しているのは、XMとpriori2のLTEモデル。ミドルレンジのnicoは対応していません。nicoもLTE対応モデルを用意してもらえると選択の幅が広がって良かったんですけどね。

prirori2では、全27色のカバーが用意されており、別途購入することで簡単に付け替えることができます。気分に応じて色を変えられるのは楽しいですね。

最も大きな違いは価格設定。一番安いpriori2(3Gモデル)はなんと1万円を切る価格です。最も高いXMでも24,980円。他社のSIMフリースマホと比べても価格設定は低めなので、安さ重視の人にはありがたいですね。

まとめ

以上、見てきたとおり、3つモデルのそれぞれの特徴付けがはっきりしているので選びやすいと思います。

■価格重視→priori2(3Gモデル)
■安さ+高速通信→priori2(LTEモデル)
■カラーバリエーションの豊富さ→priori2
■大画面液晶+コスパ重視→nico
■大画面液晶+高速通信→XM
■薄さ/デザイン重視→XM

という感じでしょうか。全体的に価格設定が低めなので、とりあえずスマホを手に入れたい、子供にスマホを渡したいがどれにしようか迷っている、親にスマホをプレゼントしたい、というい人にお勧めしたいですね。

特にpriori2は1万円を切るSIMフリースマホなので気軽に購入できると思います。freetelの場合、格安SIMカード(月額670円~)も用意しているので、合わせて契約すれば、セットアップが完了した状態で届けてくれます。これならば、届いたらすぐに使い始められるので、スマホに詳しくない人でも安心ですよね。

*詳しくはFREETEL公式ページを参照してください。



【関連情報】
→参考:FREETELの新しい通信プランを試してみた!速度も速く快適!

アドセンス

アドセンス

  関連記事

5月17日にFREETEL World 2016を開催!SAMURAIシリーズの新モデルREIが発表されるのかな?Webページでライブ配信されるので気になる人はチェック!!

従量制の料金プラン、コスパに優れたSIMフリースマホなど、格安スマホ業界の台風の …

コスパの高いスマホを次々投入するFREETELの戦略の立て方を聞いてきた!

最近FREETELでは、MIYABI、KIWAMI、Priori3、KATANA …

FREETELのポケモンGO対応スマホ(REI/KIWAMI)のりかえキャンペーンの詳細まとめ

FREETELから、ポケモンGO完全対応スマホとしてSAMURAI REIとKI …

App Storeでのアプリダウンロード時の通信料が無料となるiPhone/iPad専用プランがFREETELから登場!

格安MVNOのFREETELからiPhone/iPad専用プランが登場しました。 …

FREETELスマホを購入して気に入らなかった場合でも、30日間返品・返金が保証されるキャンペーンのまとめ

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 スマホを購入しても、「ちょっと使いづらい …

FREETELで最大1年間毎月1GBまでのデータ通信量が無料になるキャンペーン実施中!

格安スマホのFREETELで、なんと最大1年間毎月1GBまでのデータ通信量が無料 …

FREETELで最大1年間毎月1GBまでのデータ通信量が無料になるキャンペーンを実施中!

格安料金でスマホを使えるFREETELで、なんと最大1年間毎月1GBまでのデータ …

FREETELのWindows Phone KATANA01/02の基本スペックが公開されたのでチェックしてみた!

6月に発表されていたFREETELのWindows Phone KATANA01 …

FREETELのグローバルWebサイトにPriori 3S LTE登場!バッテリー容量はなんと4000mAh!

FREETELのグローバルWebサイトに「Priori 3S LTE」というモデ …

freetel priori2レビュー:1万円を切る格安スマホとは思えない完成度の高さ!

格安SIM/スマホを提供するfreetelのスマホpriori2(LTE対応モデ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>