快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

格安スマホで通信料を削減する方法を解説!

*

FREETEL 極2(KIWAMI2)スペックレビュー:デュアルSIMデュアルスタンバイ対応の10コアプロセッサ+4GBメモリ搭載スマホ

      2016/12/10

FREETEL WORLD 2016 Fall/Winterで、FREETELの新しいSIMフリースマホ極2(KIWAMI2)が発表されました。

5.7インチ液晶(WQHDパネル)+10コアプロセッサ+4GBメモリ+64GBストレージ+USB Type-C端子+デュアルSIMデュアルスタンバイ対応という充実構成になっています。価格は49,800円(税抜)で、12月22日(木)発売予定です。

ここでは、発表会でのプレゼンに基づいて、極2(KIWAMI2)のスペック・特徴をまとめてみました。

FREETEL KIWAMI2 極2

FREETEL 極2(KIWAMI2)の特徴

極2(KIWAMI2)の主なスペックは次のとおり。

極2(KIWAMI2)
OS
Android 6.0
ディスプレイ
5.7インチ
解像度
WQHD(2560×1440)
CPU
MTK Helio X20 MT6797 10コア
RAM
4GB
ストレージ
64GB
microSD
スロット
非対応
カメラ
前面800万画素、背面1,600万画素カメラ
ワイヤレス
IEEE 802.11 a/ac/b/g/n
バッテリ
バッテリ3,400mAh
SIM
スロット数:2 / タイプ:nano SIM / nano SIM
デュアルSIMデュアルスタンバイ対応
接続端子
USB Type-C
薄さ
7.2mm
カラー
メタルシルバー
価格
49,800円

 

FREETELで初となる10コアプロセッサを搭載。

液晶は5.7インチ、解像度はWQHD。スーパー有機ELディスプレイを採用しています。

メモリは4GB、ストレージは64GB。

現在販売されているREIと同じくフルメタルボディを採用。REIと同じ7.2mmのスリムボディとなっています。REIのレビューはこちら

SIMスロットは、nano SIMスロットを2基搭載。デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。

接続端子にはUSB Type-Cを搭載。表裏がないのでストレス無く接続できると思います。

対応周波数は上のとおり。

性能面で妥協したくない人には魅力的かもしれないですね。価格は49,800円(税別)。

FREETEL 極2(KIWAMI2)に触ってきました

秋葉原のヨドバシカメラにKIWAMI 2の実機が展示されていました。ただし電源は入らない状態。なので触ってみた感触をレポートしようと思います。

5.7インチと、他のスマホに比べて大きめの液晶パネルを搭載していますが、液晶の外枠が非常に狭いので、それほど大きくは感じないですね。

5.5インチ液晶搭載のZenFone 3 Laserと比較してみました。

10コアプロセッサを搭載している/DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)であることを強調しています。

ボディはメタル。

非常にスリムです。

FREETEL WebサイトのKIWAMI2ページにAntutuベンチマークの結果が示されています。スコアは「97058」。さすが、10コアプロセッサ+4GBメモリの充実構成ですね。

KIWAMI2は11/21(月)予約販売開始、12/22(木)発売予定です。

*詳細についてはFREETEL公式ページを参照してください。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

FREETEL KIMAMI2(極2)とASUS ZenFone 3のスペックを比較してみました!

12月に発売予定のFREETEL KIMAMI2(極2)とASUS ZenFon …

FREETEL KIMAMI2(極2)とREI(麗)のスペックを比較してみました!

FREETEL KIMAMI2(極2)は12月発売予定のハイエンドスマホ。ここで …

FREETEL KIMAMI2(極2)とHUAWEI honor 8のスペックを比較してみました!

FREETEL KIMAMI2(極2)は12月発売予定のSIMフリースマホ。ここ …

FREETEL KIMAMI2(極2)とKIWAMIのスペックを比較してみました!

FREETEL KIMAMI2(極2)は12月発売予定のSIMフリースマホ。KI …