快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

FREETEL SAMURAI MIYABIレビュー:購入したのでファーストインプレッションを書いてみた!なかなかいい仕上がり!

      2016/09/18

FREETEL SAMURAI MIYABIを発売日当日にゲットしました。

→参考:FREETEL SAMURAI MIYABIを購入してきました!同梱品をチェック!

早速いろいろといじってみたので、触った感想を書いておこうと思います。

FREETEL MIYABI購入レビュー

SAMURAI MIYABIの主なスペックは次のとおりです。

SAMURAI MIYABI
OS
Android 5.1
ディスプレイ
5.0インチHD IPSディスプレイ
CPU
クアッドコアCPU
RAM
2GB
ストレージ
32GB
カメラ
前面500万画素、背面1,300万画素カメラ
ワイヤレス
Bluetooth 4 / IEEE802.11b/g/n
バッテリ
バッテリ2,200mAh
カラーリング
ホワイト、ブラック、シャンパンゴールド
LTE対応

[GSM(=2G)] 850/900/1800/1900
[UMTS(=3G)]Band 1/6/8/19
[FDD LTE]    Band 1/3/8/19
ですので、NTTドコモならびにソフトバンクの両プラチナバンド対応。
サイズ
高さ×幅×厚さ:142 × 72 × 8.2 mm
重量
150g
価格
(税別)
19,800円

持ちやすいボディ

大きめの5インチ液晶を搭載しているため、ちょっと幅広のボディです。

側面部はメタリック調の仕上がりになっており、表面がそれほど滑らないので非常に持ちやすいですね。これならしっかりホールドできます。

重さは150gとそんなに軽くはありませんが、バランスがいいせいかあまり重くは感じないですね。片手で持っているときも背面全体で支える感じです。

ただ5インチ液晶スマホなので、液晶の右下隅に指を持ってくるのはちょっと大変。片手だけの操作は厳しかもしれないですね。

安いのに上質なデザイン

通常、格安スマホというのは安さと引き替えにデザインは多少野暮ったいモデルが多いのですが、SAMURAI MIYABIは19,800円という安さを実現していながら、デザインにもこだわっています。

側面部のエッジ部分は斜めにカットされており、デザイン上のアクセントになっています。

光が当たるとすごく綺麗。ちょっとiPhoneに似ているかも。

背面部も光沢加工されていて、すごく上質な仕上がりです。

光の当たり方によって微妙に見え方が異なります。

これなら、とても格安スマホとは見えないんじゃないかな。

操作感もいいし液晶も綺麗

MIYABIはクアッドコアプロセッサ+2GBメモリの構成。ちょっと触ってみた限りでは、かなり快適に操作できました。画面をスワイプ/タップしても、モタモタすることがなくサクッと反応してくれます。

Google Mapで拡大/縮小/移動操作を実行してみましたが、動作が遅くなることはなし。これならストレスはあまりないかも。

液晶には、画面表示が綺麗なIPSパネルを搭載。文字のにじみもなく、精細感のある表示が可能です。

YouTubeの動画を視聴してみましたが、すごく鮮明に表示されます。

ラグビーの動画を見たのですが、芝生の緑が綺麗なうえ、選手もくっきりと表示されるため、臨場感は半端ないですね。結構、映像に没入できます。

視野角もすごく広いので、かなり斜め方向から液晶を見ても、表示をくっきり確認できます。

カメラも試してみましたが、格安価格を実現しているスマホとしてはかなり満足できるレベルに仕上がっています。

→参考:FREETEL SAMURAI MIYABIレビュー:カメラをチェックしてみたけど、いい感じに仕上がっている!

背面カバーを脱着できる

SAMURAI MIYABIでは、背面カバーを脱着できる仕様になっています。

取り外すのは簡単。背面部の左下にあるツメ穴にツメを引っかけて、カバーを手前にはがせばOKです。

順番に手前にカバーを引っ張っていくと、ベリベリと留め具が外れていきます。

逆に装着するときは、本体上側から順番に留めていく必要があり、ちょっとコツが必要です。ぼくも最初に装着するときは上手くはまらない箇所があり、何度かやり直しました。慣れるまではちょっと面倒かもしれません。

背面カバーは非常に薄いので、脱着する際、強く力を入れすぎると折れてしまうんじゃないか、とちょっと心配になりました。丁寧に作業する必要があります。

カバーを外したところ。

中央と右にSIMカードスロットが1つずつ、一番左にmicro SDカードスロットが配置されています。

SAMURAI MIYABIではバッテリを取り外し可能です。

充電も速い

急速充電に対応しているので、充電にかかる時間も短いです。

同梱されているケーブル/ACアダプタは上の写真のとおり。ケーブルは約110cmの長さがあり、短すぎることもなく使いやすいと思います。

ACアダプタのコンセント部分は可動式になっていないので収納することはできません。ちょっと携帯しづらいですね・・・

充電は、本体の上にある端子にケーブルを接続して行います。

まとめ

まだちょっとしか触っていないのですが、、

・低価格スマホとしてはデザインがいい
・液晶が綺麗
・快適に操作できる

という印象を受けました。SIMカードを設定する際も、多数のMVNOが事前にセットアップされているため、SIMカードを挿入したら、契約しているMVNOを選択するだけで簡単にネットに接続できました。

今のところ全体的な満足度は高いですね。購入して正解でした。さて、これからどんどん使っていくぞ~

しばらく使ってみた感想はこちら→FREETEL SAMURAI MIYABIをしばらく使ってみたけど快適に利用できてる!やっぱりおすすめです!!

*詳しくはFREETEL公式ページを参照してください。

【SAMURAI MIYABIの価格をチェックする】
Amazon楽天市場

MIYABIのアウトレット品を30%オフでゲットできるキャンペーン

FREETELキャンペーン

現在FREETELでは、MIYABIのアウトレット品を30%オフで購入できるキャンペーンを実施中です。販売されるのは「新古品アウトレット」。外箱汚れ品を新品再生しているため、本体は新品同様です。動作確認済みメーカー正式保証品ということで、アウトレットながら保証が付いているので安心して使えます。

*詳細についてはFREETEL公式ページを参照してください。

【関連記事】
→参考:FREETEL MIYABIのデフォルトの設定(アプリ/MVNO設定/ストレージ容量)を確認してみた!
→参考:FREETELの新しい通信プランを試してみた!速度も速く快適!

アドセンス

アドセンス

  関連記事

FREETEL発表会でついにSAMURAI MIYABIが本日(10/2)発売されることが発表!!

ヨドバシカメラ マルチメディア AKIBA店で開催されたFREETEL発表会で、 …

FREETEL SAMURAI MIYABIレビュー:カメラをチェックしてみたけど、いい感じに仕上がっている!

FREETEL SAMURAI MIYABIを購入したのでいろいろいじっています …

FREETEL MIYABIのホワイトモデルとシャンパンゴールドモデルを比較してみた!

発売日当日にFREETEL MIYABIを購入して以降、いろいろ使っています。 …

FREETELアウトレット特価市で完売になっていたSAMURAI MIYABIが緊急入荷!13,800円で購入できちゃいます。買いそびれた人はこのチャンスをお見逃しなく!!!

最大40%オフでゲットできるFREETELアウトレット特価市を実施中ですが、高い …

昨日販売が再開されたFREETEL MIYABIですが、在庫なしになっています!

昨日(10/23)正午に販売が再開されたFREETEL MIYABI。昨日の夜に …

FREETEL MIYABIのデフォルトの設定(アプリ/MVNO設定/ストレージ容量)を確認してみた!

19,800円というお手頃価格を実現したFREETEL SAMURAI MIYA …

FREETEL MIYABIの販売が再開されました!

10月上旬に発売された後、すぐに在庫切れになっていた格安スマホFREETEL S …

FREETEL SAMURAI MIYABIをしばらく使ってみたけど快適に利用できてる!やっぱりおすすめです!!

19,800円(税別)という激安価格を実現したMIYABIを購入して使い始めてか …

FREETEL MIYABIを購入するのなら家電量販店が狙い目かも:ぼくはこうしてMIYABIを購入しました!

10月頭に発売開始されたFREETELのSAMURAI MIYABI。非常に充実 …

FREETEL MIYABIが年末商戦に向けて増産決定!

先日、販売が再開されましたが、翌日にはFREETEL Webサイトの在庫がなくな …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>