快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

FREETEL Priori 3レビュー:ファーストインプレッションを書いてみた!満足度高い!!

      2016/09/18

FREETEL Priori3 LTEを発売日にゲットしたので、すぐに開封して使い始めています。

→参考:FREETEL Priori 3 LTEレビュー:開封して使ってみた!!

ここではFREETEL Priori 3に触ってみた感想、つまりファーストインプレッションについて詳しくレポートしていこうと思います。

(2016/2追記:Priori 3の上位モデルPriori 3Sを購入しました→参考:FREETEL Priori 3Sレビュー:ファーストインプレッションはかなりいい!
→参考:FREETEL Priori 3とPriori 3Sを徹底比較:バッテリの持ちにこだわるなら断然3S!!)

FREETEL Priori 3レビュー

(写真の右がPriori 3、左がMIYABI)

Priori 3は格安スマホ

Priori 3は12,800円(税抜)という低価格を実現した格安スマホ。それでいながら、LTEに対応するなど、高いコストパフォーマンスが話題となっています。スペックは次のとおり。

Priori 3 LTE
カラーリング
マットブラック/
パールホワイト/
ルビーレッド/
ヌーディーベージュ/
ミントブルー/
ビビットオレンジ
OS
Android 5.1
CPU
クアッドコアCPU 1.0GHz
メモリ
1GB
ストレージ
8GB
メモリースロット
microSDカードスロット
(最大128GB)
ワイヤレス
IEEE802.11a/b/g/n
LTE対応
液晶サイズ
4.5型
解像度
854×480ドット
バッテリ容量
2,100mAh
カメラ
前面300万画素

背面800万画素
SIM
スロット数:2 / タイプ:標準SIM / micro SIM
(国内で使用できるのは1つのみ)
サイズ
65×132×8.9 mm
重量
120g
価格
(税抜)
12,800円

現在、FREETELからはKIWAMI、MIYABI、Priori3の3つのAndoroidスマホが提供されていますが、Priori 3は最も価格の安いエントリースマホに位置づけられています。

→参考:FREETELの人気格安スマホPriori 2の後継モデルPriori 3 LTEが正式発表!
→参考:FREETEL Priori 3 LTEとSAMURAI MIYABIを徹底比較してみた!
→参考:FREETEL SAMURAI MIYABIをしばらく使ってみたけど快適に利用できてる!やっぱりおすすめです!!

Priori 3のファーストインプレッション

■コンパクト

FREETEL Priori 3ファーストインプレッション

最初に触ってみて思うのが、コンパクトだということ。普段5インチ以上のスマホを使用しているせいか、すごく小さく感じます。

厚みは8.9mm。

スペック的にはすごくスリムというわけではありませんが、ボディの端の方が丸くなっているデザインのため、それほど分厚く感じません。

家の重量計で測ってみたところ重さは118g。片手でしばらく持っていても、それほど負担にはならない重さです。

■背面カバーの仕上がりもいい感じ

Priori 3では6つのカラーリングが用意されていますが、ぼくが購入したのはホワイト。

表面には光沢加工処理が施されています。材質はプラスチックです。

前述したように、端の方が丸みを帯びたデザインなっているので、すごく手の中での収まりがいい感じ。

ちょっと写真ではわかりづらいのですが、表面に細かな模様が入っているため、見る角度によって少しずつ見え方が異なります。この結果、単純な色合いとはならないので、見た目が安っぽくなく、価格の割には質感の高い仕上がりになっていると思います。

■液晶パネルは綺麗だが、反応はもっさりすることがある

液晶表示は、価格の割には精細感が高いと思います。ぼくが受けた印象では、特に表示が黄色っぽいとか、青色っぽいとかではなく、自然な色合いで発色できている感じです。

視野角も結構広く、上の写真のようにかなり斜め方向からでも表示をはっきりと確認できます。

気になるタッチパネルの反応ですが、上位モデルであるMIYABIと比べると、モッサリしている感じ。MIYABIではキビキビ反応してくれますが、Priori 3ではそこまで反応は良くなく、たまに上手く反応してくれないこともあります。

このあたり、値段相応と納得できるかどうか、好みがはっきりと分かれそうです。

■各パーツをチェック

右側面部には音量調整ボタンと電源ボタンが配置されています。

ボタンはメタリック調な仕上がりで、安っぽい感じはしません。このあたり細かいところまでよく作り込まれていると思います。

上面部には、micro-USBポートとヘッドホン端子が配置されています。

■液晶下にあるホームボタン等は押すと表示される仕組み

通常、スマホの液晶の下には、ホームボタン/戻るボタン/アプリ切替ボタンが配置されていますが、Priori 3ではこれらのボタンは、該当部分と押すと表示される仕組みになっています。

上の写真では何も表示されていませんが、

該当部分を触ると、上の写真のように3つのボタンが表示されます。赤色なのでちょっと怪しげ・・・そして、しばらく使わないと消灯します。

MIYABNIの場合には、これらのボタンは液晶内に表示されるのですが、Priori 3の場合、液晶の外側に表示されるため、表示領域が広くなります。4.5インチと小さめの液晶パネルを搭載しているので、この方式はうれしいですね。

ただし、使っていないときにはこれらのボタンは表示されないので、慣れないうちはちょっと戸惑うかもしれません。でも暗いところでもボタンを認識しやすいのはいいと思います。

■背面カバーは外せる

Priori 3の背面カバーは取り外すことが可能。取り外したい場合には、背面部の左下隅にある窪みにツメを引っかけてはがしていきます。

こう説明すると簡単なのですが、実際やってみると結構固くはまっているので、なかなか取り外すことができませんでした。何回かトライしてやっと成功・・・

背面カバーの材質はプラスチック製で柔らかいので、一部分を外せれば、後は簡単に全体を外すことができます。

背面カバーを外したところ。

■バッテリーは着脱可能

バッテリーは脱着可能です。

非常にスリムな形状をしています。

■microSDカードスロットとSIMカードスロットはバッテリの上部に配置

バッテリを外すとこんな感じ。

バッテリが収まっていた場所の左上にmicroSDカードスロット、右上にSIMカードスロットが配置されています。

Priori 3では標準SIMとマイクロSIMの2つのサイズのSIMカードを使用できます。図で説明されていますが、上段に標準SIMカードスロット、下段にマイクロSIMカードスロットが配置されています。

注意すべきはSIMカードを入れる向き。マイクロSIMカードを使用する人が多いと思うのですが、その際は下段にSIMカードを挿入する必要があります。

そのとき、「docomo」の表記がある側を上にするのではなく、

上の写真のように、回路側を上にしてSIMカードを挿入する必要があります。

ぼくは最初「docomo」の表記がある側を上にして挿入したため、SIMカードを認識していなくて「?」状態になりましたが、正しい向きに挿入することで認識してくれました。

このようにmicroSIMカードは下段、つまり裏側に挿入する形になるので、SIMを取り出すときが大変です。なのでPriori 3ではSIM取り出しツールなるものが用意されています。SIMカードスロットの右横にあるツールに人差し指をかけてゆっくり手前側に引き出せばSIMカードを取り外せます。無理に力を加えると壊れてしまいそうなので、使用する際は注意が必要でしょうね。

■同梱品

USB-microUSBケーブルと電源コンセントは白色。

コンセント部分は収納できない仕組みになっています。プラグ部分を折りたためれば、持ち運びが楽なんですけどね・・・

充電する際は、ボディ上面部にあるmicroUSB端子にケーブルを接続します。

充電状態になると、左上にあるLEDランプが点灯します。

かなり満足感は高い!

Priori 3のファーストインプレッションをまとめると次のとおり(あくまで、12,800円という安さを踏まえた上での印象です)。

デザイン→○安っぽさは見受けられず、全体的な質感はなかなかいい。個人的には丸みを帯びたデザインが好き。
大きさ/重さ→○4.5インチ液晶搭載モデルということで、結構コンパクト。重量も120g程度と軽いので、片手でずっと持っていてもそれほど負担にならない。
液晶→○くせのない表示。まあまあ精細感もある
タッチパネルの反応→△上位モデルと比べるとモタモタすることがある

実際に触ってみて、思っていた以上に完成度が高く、12,800円という価格を考えれば、かなり満足度の高い仕上がりになっていると思います。

まだちょっと触ってみただけですが、かなり使い勝手はいいですね。価格重視の人にはありなんじゃないかな。もちろん、ミドルレンジのスマホと比べれば、処理がもたつくことがあるし、タッチパネルの反応もちょっとモタモタすることがあるし、と劣る部分があるのも事実。

でも、比較しないでPriori 3だけ使っていれば、そんなに気にならなくなるんじゃないかな、と思うレベルには仕上がっていると思います。

カメラもいい仕上がりです。→参考:FREETEL Priori 3 LTEのカメラ機能をチェック!なかなかいい感じに仕上がっている!

LTEに対応した格安スマホを探しているのなら、是非選択肢に入れて検討してみることをオススメします。

*詳しくはFREETEL公式ページを参照してください。

【Priori 3の価格をチェックする】
Amazon楽天市場

Priori 3のアウトレット品を22%オフでゲットできるキャンペーン

FREETELキャンペーン

現在FREETELでは、Priori 3のアウトレット品を22%オフで購入できるキャンペーンを実施中です。販売されるのは「新古品アウトレット」。外箱汚れ品を新品再生しているため、本体は新品同様です。動作確認済みメーカー正式保証品ということで、アウトレットながら保証が付いているので安心して使えます。

*詳細についてはFREETEL公式ページを参照してください。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

FREETEL Priori 3 LTEとUPQ Phone A01徹底比較してみた!

LTEに対応しつつ、1万円台という格安価格を実現しているSIMフリースマホFRE …

FREETEL Priori 3 LTEとSAMURAI MIYABIを徹底比較してみた!

ここでは、FREETELの格安スマホPriori 3 LTEとSAMURAI M …

FREETELの格安スマホPriori 3 LTEのカラー4色が登場!!

先日発売されたFREETELの格安スマホPriori 3 LTEですが、発売に合 …

FREETEL Priori 3 LTEとASUS ZenFone 2 Laserを徹底比較してみた!

ミドルレンジのASUS ZenFone 2 Laserと1万円台の格安価格を実現 …

いよいよFREETEL KIWAMI/Priori 3の予約が開始!早速ビックカメラに電話してみた!

大きな話題を集めていた6インチ液晶搭載スマホFREETEL SAMURAI KI …

本日予約開始となったFREETEL Priori 3をヨドバシカメラで予約しました!

12,800円という低価格を実現した格安スマホPriori 3 LTEの予約が開 …

FREETEL Priori 3 LTEのカメラ機能をチェック!なかなかいい感じに仕上がっている!

先日、FREETEL Priori 3 LTEを購入してから、いろいろいじってい …

FREETEL Priori 3 LTEとHUAWEI P8 Liteを徹底比較してみた!

LTEに対応しつつ、12,800円(税別)という安さを実現しているFREETEL …

FREETEL Priori 3 LTEの予約開始日発表!

本日(10/27)、FREETELの記者会見が行われ、12,800円(税抜)とい …

FREETEL Priori 3 LTEレビュー:開封して使ってみた!!

先日予約開始日にヨドバシカメラで予約したFREETEL Priori 3(ホワイ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>