快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

FREETEL RAIJIN(雷神)とHUAWEI honor8のスペックを比較してみました!

      2016/12/01

FREETEL RAIJIN(雷神)は充実したスペックと価格の安さが売りのSIMフリースマホ(2017年1月発売予定)。一方のHUAWEI honor 8は、スタイリッシュなボディに高性能なカメラを搭載した高性能スマホ。ここでは、RAIJINとhonor 8のスペックを比較してみました。

(写真はhonor 8)

FREETEL RAIJIN(雷神)とHUAWEI honor8のスペックを比較

FREETEL RAIJIN(雷神)とHUAWEI honor8の主なスペックを比較すると次のとおり。

honor 8
雷神(RAIJIN)
OS
Android 6.0
Android 7.0
ディスプレイ
5.2インチ
5.5インチ
解像度
1920×1080
1920×1080
CPU
Kirin 950 2.3GHz+1.8GHz
(オクタコア)
MTK MT6750Tオクタコア
RAM
4GB
4GB
ストレージ
32GB
64GB
microSD
スロット
カメラ
前面800万画素、背面1,200万画素×2
前面800万画素、背面1,600万画素カメラ
ワイヤレス
IEEE802.11 a/b/g/n/ac
IEEE802.11 a/b/g/n
LTE
(B1/2/3/4/5/7/8
/12/17/19/20/38/40)
(B1/2/3/4/5/7/8/
12/17/19/28B)
バッテリ
バッテリ3,000mAh
バッテリ5,000mAh
SIM
スロット数:1 / nano SIM
スロット数:2 / タイプ:microSIM / nano SIM
デュアルSIMデュアルスタンバイ対応
寸法
約71×145.5×7.45mm
約76.0×153.0×8.65mm
重量
約153g
約183g
価格(税別)
42,800円
29,800円

■RAIJINの方が優れていると思われる点
・最新のAndroid 7.0を搭載している
・ディスプレイが大きい
・ストレージに倍の容量の64GBを搭載
・バッテリ容量が多い
・SIMスロットが2つ
・デュアルSIMデュアルスタンバイに対応
・価格が安い

■honor 8の方が優れていると思われる点
・デザインが美しい
・ダブルレンズカメラを搭載している
・LTE対応バンド数が多い
・本体がスリムで軽い

価格はhonor 8が42,800円、RAIJINが29,800円。RAIJINは、これだけスペックが充実しているのに、13,000円の価格差があります。コストパフォーマンスを考えればRAIJINの方に軍配が上がりますね。

→参考:FREETEL 雷神(RAIJIN)スペックレビュー:大容量バッテリ/DSDS対応など魅力的なスペックで2万円台を実現!

しかしデザインに関しては、RAIJINの背面カバーがプラスチック製なのに対し、honor 8はボディにガラスを採用しており、質感の高さではhonor 8の方が上だと思います。

→参考:HUAWEI honor 8購入レビュー:デザインの完成度が高いうえにカメラの性能もいい!すごく満足度高いです。

ぼくはhonor 8を購入して使っていますが、デザインの良さに惚れ込んでいます。光の当たり方によって見え方が異なるので、見ていて飽きないんですよね~あと写真の仕上がりも秀逸。画素数はそこまで高くないのですが、ダブルレンズを搭載しており、落ち着いた色合いの、それでいてシャープな写真を撮影できます。

価格重視ならRAIJINですが、デザイン/カメラの良さでhonor 8という選択肢もありだと思いますよ。

*honor 8は、HUAWEIオンラインショップでは42,800で販売されていますが、楽天モバイルでSIMカードとセットで購入すれば5,000円オフの37,800円で購入できるキャンペーンを実施中です。詳しくは楽天モバイル(公式Webサイト)を参照してください。

*RAIJINに関する詳細についてはFREETEL公式ページを参照してください。

アドセンス

アドセンス

  関連記事