快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

FREETEL RAIJIN(雷神)とHUAWEI P9 liteのスペックを比較してみた!

      2016/11/21

FREETEL RAIJIN(雷神)は2017年1月発売予定のSIMフリースマホ。スペックが充実しているうえに、価格も安く、非常に魅力のあるスマホに仕上がっています。ここでは同じ2万円台のHUAWEI P9 liteとスペックを比較してみたいと思います。

(写真はHUAWEI P9 lite)

→参考:HUAWEI P9 lite購入レビュー:アルミフレーム/指紋センサー搭載で2万円台を実現!!

FREETEL RAIJIN(雷神)とHUAWEI P9 liteのスペックを比較

FREETEL RAIJIN(雷神)とHUAWEI P9 liteの主なスペックを比較すると次のとおり。

P9lite
雷神(RAIJIN)
OS
Android 6.0
Android 7.0
ディスプレイ
5.2インチ
5.5インチ
解像度
1920×1080
1920×1080
CPU
Kirin 650 2GHz+1.7GHz
(オクタコア)
MTK MT6750Tオクタコア
RAM
2GB
4GB
ストレージ
16GB
64GB
microSD
スロット
カメラ
前面800万画素、背面1,300万画素カメラ
前面800万画素、背面1,600万画素カメラ
ワイヤレス
IEEE802.11 b/g/n
IEEE802.11 a/b/g/n
LTE
(B1/3/5/7/8/19/28/40)
(B1/2/3/4/5/7/8/
12/17/19/28B)
接続端子
microUSB
USB Type-C
バッテリ
バッテリ3,000mAh
バッテリ5,000mAh
SIM
スロット数:2 / nano SIM×2
スロット数:2 / タイプ:microSIM / nano SIM
デュアルSIMデュアルスタンバイ対応
寸法
約72.6×146.8×7.5mm
約76.0×153.0×8.65mm
重量
約147g
約183g
価格(税別)
29,980円
29,800円

こうしてみるとスペックの充実度ではRAIJINが圧倒的に優れているのがわかります。

■RAIJINの方が優れていると思われる点
・最新のAndroid 7.0を搭載している
・ディスプレイが大きい
・メモリは倍の容量の4GBを搭載
・ストレージも大容量
・背面カメラの有効画素数は1600万画素
・接続端子がUSB Type-C
・バッテリが大容量
・デュアルSIMデュアルスタンバイに対応

逆にHUAWEI P9 liteの方が優れていると思われる点は
・本体がスリムで軽い
という点でしょうか。

価格はHUAWEI P9 liteが29,980円、RAIJINが29,800円。RAIJINは、これだけスペックが充実しているのに、HUAWEI P9 liteとほぼ同じ価格設定になっています。

このスペックの差を考えれば、RAIJINの方が魅力的に映りますね。P9 liteも十分コスパのいいスマホだと思っていたのですが、RAIJINと比べるとちょっと霞んでしまう感じ。RAIJINの発売は2017年1月予定なので、それまで待てるのであれば、RAIJINを待った方がいいと思いますね。

→参考:FREETEL 雷神(RAIJIN)スペックレビュー:大容量バッテリ/DSDS対応など魅力的なスペックで2万円台を実現!

*詳しくはFREETEL公式ページを参照してください。

アドセンス

アドセンス

  関連記事