快適節約術123

格安スマホで通信料を削減する方法を解説!

*

Googleアカウントの同期設定を外したらバッテリ駆動時間が大幅に延びた!

   

ぼくは今、ASUS ZenFone 2をメインスマホとして使用しているのですが、以前使用していたiPhone 5に比べて、バッテリ駆動時間が短いのでちょっと困っていました。

→参考:ZenFone 2をしばらく使った感想をまとめてみました!

そこで、Googleアカウントの同期設定を外して、同期しないようにしたところ、バッテリ駆動時間が大幅に伸びたのでシェアしたいと思います。

Googleアカウントの同期設定を外す方法

■まず「設定」をタップし、「設定」画面を表示します。

■次に「アカウント」をタップします。

■「Google」をタップします。

■「アカウント」に表示される自分のアカウント名をタップします。

■「同期」画面が表示されるので、この中で不要な同期設定を外します。

外したい設定をタップすると、右横に表示されるチェックマークが外れます。

バッテリ駆動時間が大幅に延びた!!

必要な設定はこれだけ。同期を外してしばらく使ってみましたが、以前と比べてバッテリの持ちが大幅に改善されました。

以前は、朝100%充電していても、その日の夜にはバッテリがほとんどなくなっていたのですが、同期を外してからは翌朝までバッテリが持つようなりました!!

この違いは大きいですね。以前は常にバッテリ残量を気にしていたのですが、今ではそれほど気にしなくても済むようになり、ストレスがなくなりました。

やっぱり、常に同期していることで電力を消費していたんですね・・・

バッテリ駆動時間が短くて悩んでいる人は試してみる価値あり!

すべてのAndoroidスマホで有効なのかどうかはちょっとわからないので、あくまで参考程度にしてほしいのですが、バッテリ駆動時間の短さに悩んでいるのなら、一度Googleの同期設定を確認してみるといいかも。

もし同期を実行しているようであれば、上の手順を実行して同期を外してみてください。設定にそれほど手間がかかるわけではないので、試してみる価値はあると思いますよ!!

ぼくの場合、この設定をしたおかげで、かなり快適度がアップしました!

アドセンス

アドセンス

  関連記事

MVNOを使えばスマホの通信料金を大幅に削減できるけど、速度も重要だよね。ということで、どのMVNOの通信速度が速いのか調べてみた!オススメのMVNOは・・・

最近いろんなMVNO事業者が出てきて、業界は大賑わい状態です。最安値宣言をしてい …

格安SIMを提供するMVNO事業者を選ぶときのポイント

最近、格安SIMを提供するMVNO事業者に注目が集まっていますね。 MVNOとは …

スマホ充電ケーブルが断線しそうだったので粘土型接着剤sugruで修復しました!これすごくいいです!!

iPhoneを充電するときに使用するlightningケーブルが使いすぎでよれよ …

メインスマホだけでは不安な人向けにサブスマホとしておすすめのモデルを選んでみました!

皆さん、スマホは何台持っていますか?1台のみで運用している人も多いでしょうね。で …

初めてのSIMフリースマホとしてオススメなモデルを3つ挙げてみた!

SIMフリースマホが好きでいろんなモデルを使ったり、触ったりしていますが、その中 …

京セラDIGNO Lタッチレビュー:ハンドソープで洗えるポップなスマホ!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 UQモバイルのイベントで京セラDIGNO …

スマホの無料解約期間の前月にメールで通知が来るようになる!解約し忘れが減るかも

5月からのSIMロック解除に続き、悪名高き2年契約の無料解約期間が現行の1か月か …

スマホを解約する際に解約費用を抑えたいのなら、解約解除料の発生しない更新月を確認しておくべき!

スマホを解約する際、更新月以外に解約すると9,500円(税抜)という高額な契約解 …

ONKYO GRANBEATレビュー:サウンドへのこだわりを貫いたスマホ!

楽天モバイルのイベントにONKYOが提供するAndroidスマホGRANBEAT …

万が一の事態に備えてサブスマホとして大容量バッテリ搭載スマホを用意しておくと安心かも

スマホ1台しか持っていない人も多いと思いますが、災害が発生した場合でも、ネットに …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>