快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

低価格で宿泊できる「旅籠屋」は思ったよりも広くて快適。ペットと一緒に泊まれるのもうれしい!

      2016/03/30

先日、初めてファミリーロッジ旅籠屋に泊まってきました。

旅籠屋
旅籠屋は、アメリカに多くあるモーテルタイプの宿泊施設です。


フロントでチェックインしたら、駐車場から直接客室にアクセスできます。日本では珍しいタイプですよね。

リーズナブルな価格で泊まれる

なぜぼくがこの旅籠屋に泊まったのかというと、まず料金がレギュラーシーズンで2名で8,000円(税別)とかなりリーズナブルな点が挙げられます。

1室あたりの料金設定になっており、人数に応じて料金が異なるシステムです。

ペットと一緒に泊まれる

この旅籠屋、宿泊施設としては珍しくペットと一緒に泊まれます

もちろんしつけのできていないペットは泊まれませんが、それでもペットを受け入れてくれるのはすごくうれしい。料金は、1匹を一人として扱うため、我が家の場合、大人二人+犬二匹で4人で宿泊したときの料金がかかりました。宿泊したのはレギュラーシーズンだったので10,000円(税別)。ペットOKでこの値段はかなりリーズナブルだと思います。

フロントを通らず駐車場から直接部屋に入れるので、飼い主も気が楽です。特に吠えやすいわんちゃんの場合には、抱っこして車からそのまま部屋に直行できるので興奮しなくていいですね。

実際に泊まってみて、チェックイン時にペットについて特段注意を促されることはありませんでした。ただし、「宿泊名簿に犬の名前をお願いします」と言われたときはちょっとびっくりしましたけどね。宿側にしてみれば、あくまでペットも宿泊者の一人ということなんでしょう。

ペットOKの部屋は、一部の部屋に限定されているようなので、予約時には注意が必要です。Webサイトの空室状態では「空き」になっていたとしても、ペットOKの部屋は埋まっていることがあるので、必ず電話で確認することをお勧めします。

また特段ペット用の用具が用意されているわけではありません。

意外と広い

実際に泊まってみた感想を記しておきたいと思います。ぼくが宿泊したのは那須店。他の店舗では部屋の大きさ・状況などが異なることがあるかもしれないので、その点ご注意ください。

以前低価格を売りにするホテルに宿泊したとき、あまりの狭さに閉口したことがあります。ベッドを除けばスペースはほとんどなく、部屋の中を移動するのも大変でした。

この旅籠屋も価格が安いので同じようなんだろうな、と勝手に予想していったら、思ったよりもすごく広くてびっくり!!


この写真を見ただけでは狭く見えますが、


ベッドはキングサイズなみの大きさ。寝返りも楽々打てるだけの広さです。ベッドのクッションの固さも申し分なし。寝ていて疲れるということはなくぐっすり寝られました。ただ、ちょっと枕が小さかったかな・・・


手前のベッドの脇にも十分なスペースが確保されており、机も置いてあります。


ベッドの手前側は通路になっていますが、大人二人が楽々すれ違える広さが確保されています。なので窮屈さはまったく感じませんでした。

一番手前には荷物を置くスペースもあるので、部屋の中をちらかさずに済みます。


机と椅子が用意されているほか、液晶テレビも設置されています。テレビの下には空気洗浄機がうなりをあげていました。入室したときにはオンの状態で、嫌な匂いは全くしませんでした。


冷蔵庫は空の状態。近くのスーパーやコンビニで食材を仕入れて置いておくことも可能です。


部屋の中に入ったら、靴を脱いで上がるようになっています。くつを脱げた方が足が楽でいいですね。ただしスリッパの用意はありません。スリッパが必要な人はフロントで使い捨てスリッパを100円で購入できます。


クローゼットも大きめなものが用意されています。

洗面所・ユニットバスも快適


一番奥には洗面所が配置されています。通常のホテルの場合、洗面所はユニットバスの中だけなのですが、旅籠屋では別途用意されています。これは便利ですね。


ドライヤーも用意されています。

この洗面所には、家人も喜んでいました。


ユニットバス内部。まだ施設が新しいからなのか、すごく清潔で綺麗でした。これだけピカピカだと気持いいですね。


カランの部分もすごく使いやすい。古いホテルだと、お湯とお水をいちいち調整しなければいけないタイプが設置されていることがあるのですが、旅籠屋では、温度を調整できるので、面倒な思いをしなくて済みます。


ボディソープ、ヘアコンディショナー、シャンプーもしっかり用意されています。


トイレも当然ウォシュレットタイプ。

コーヒーは自由に飲め、朝食としてパンを無料で食べられる


フロントが空いている時間であればいつでもコーヒーを飲めます。 2台のコーヒーマシンが用意されており、ボタンを押すと、その場で豆を挽いてくれます。

コーヒーは部屋に持ち帰って飲むことが可能(飲み終わった容器はフロントに戻す必要あり)。


トースターと電子レンジも用意されているので、外で買ってきた食べ物を温めたり、パンを焼いたりすることもできます。



朝7時からはパンも用意されています。この日は4種類のパンが提供されていました。無料です。


朝はオレンジジュースも用意されています。朝にパンを食べられるのはうれしいですね。

外には自販機・ランドリーを設置


敷地の一番奥には、コインランドリーが設置されています。長期間宿泊する場合や洗い物が貯まっているときに便利ですね。


フロント脇にはジュースの自販機も設置されています。

チェックイン時に精算は済んでおり、追加料金はかからないシステムなので、チェックアウト時には精算の必要がありません。したがって、フロントが締まっている朝7時より前の時間帯でも、入り口脇のキー入れにキーを返却すればOK。したがって、早朝に出発する必要がある人にも便利です。

まとめ

今回初めて旅籠屋に宿泊したのですが、思った以上に快適でしたね。

■広くて清潔
■価格がリーズナブル
■ペットと一緒に泊まれる
■コーヒーやパンが無料が提供される

など、メリットばかりが目に付きました。

ただ、車で来ることが前提の宿泊施設なので、場所はちょっと寂しいところでした。周辺に徒歩で買い物できるところはなかったので、夕飯は近隣のレストランで済ましてくるか、コンビニ・スーパーでお弁当やお総菜を買ってきた方がいいと思います。パンフレットに近隣にある施設が詳しく記載されているので、それを参考にしてもいいかもしれません。

こうした特性を考えれば、どこか遠くに行くときの中継ポイントとして活用するのもありでしょうね。あるいは、1泊は豪華なところで泊まり、もう一泊は旅籠屋にして、予算を抑えるというのもありかも。

この旅籠屋、まだ全国津々浦々にある、というところまでには至っていませんが、着実に新規店舗をオープンさせているので、行ったことがないとこへも気軽に行けると思いますね。出雲大社店とか、高松店とか魅力だな~

特にペットと一緒に出かけるのが好きだけど、気軽に泊まれるところがなくて困っている人にお勧めですね。

上手く活用すればかなり行動範囲を広げられると思います。今後もどんどん利用していこうっと!

アドセンス

アドセンス

  関連記事

関連記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>