快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

なんと報道カメラにiPhoneを採用するテレビ局が出てきた!この流れはどんどん加速するかも!

   

最近、スマホのカメラが大きな進化を遂げていますが、ついに報道カメラにiPhoneを採用するテレビ局が出てきました。

GIZMODE:スイスのテレビ局、報道カメラをiPhoneに変える

スマホのカメラの画質で十分

個人で利用する際には、今やスマホのカメラで十分になってきています。ぼくも、以前はデジカメを必ず持ち歩いていたのですが、最近ではスマホだけで済ますことが多くなってきました。

暗い環境や望遠を使いたい環境など、特定の環境ではまだデジカメや一眼レフを使いますが、普通に撮影したいときであれば、今ではスマホのカメラで十分です。

でも業務用であれば高画質な画像/映像が必要となるので、まだまだ専用カメラを使わないといけないんだろうな~と漠然と思っていたら、報道カメラにも使えちゃうんですね。

記事にあるとおり、記者のレポート向けであれば、そんなに高性能なカメラは必要ないかもしれません。スマホを使えば、

・軽いのでレポーターの負担を軽減できる
・そのまま通信できるので、通信機器がいらない/セッティングの手間がかからない
・別途カメラが不要なのでコストを削減できる
・自撮り棒を使えばカメラマンが不要になり一人で対応できる

と、いいことづくめです。

この記事中でも担当者が「身軽さと責任感を求めた結果だが、もちろんコスト削減という狙いもある」と語っています。

スマホのカメラに置き換わっていく流れは加速する

スマホのカメラの性能が上がるにつれ、高画質を求められる作業や特殊な環境で使う場合以外は、スマホのカメラで代替されていくんでしょうね。

最近はオートフォーカス機能を強化したモデルや光学3倍ズームを搭載したモデルなんかも登場しています。

→参考:光学3倍ズームを搭載したZenFone Zoomが日本でも発売される?

この流れは加速していくんだろうなあ。

今後は大画面でボディもちょっと大きいけど、カメラの機能が大幅に進化したスマホとか出てきそうですね。一昔前の一眼レフカメラ並みの画質を実現したりなんかして。

現時点でもスマホのカメラに不満を感じている人は多いと思うので、思いっきりカメラに特化したスマホが登場すれば、一定の支持は得られそうですね。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

日本通信がソフトバンクの格安SIMを提供するのも近い?

先日、MVNOの日本通信がソフトバンクのSIMを提供するかも?という記事をアップ …

MNPで格安MVNOのBIC SIMに転入する手続きについて詳しく解説します!

先日、MNPを使ってソフトバンクから格安MVNOのBIC SIM(IIJ mio …

スマホのテザリングを利用すれば、モバイルルーターいらずで月々の通信料を削減できるかも!

最近のスマホではテザリングを利用できる機種が増えてきました。テザリングを使えば、 …

HP Elite x3レビュー:ハイパフォーマンスなWindowsスマホ!セキュアな環境でタフな使い方ができる!

HP Elite x3は、ハイパフォーマンスなWindowsスマホ。スマホとして …

Lenovo Phab 2 Proタッチレビュー:世界初となるTango対応のファブレット!

Lenovo Phab 2 Proは6.4インチの大型液晶を搭載。スマホよりも大 …

テザリングで十分だったのでNTTドコモのモバイルルータを解約して月額コストをゼロにしました!

これまで外出先で、WiFiでしかネットに接続できないパソコンやタブレットを接続す …

おさいふケータイが使えるSIMフリースマホXperia J1 compactが楽天モバイルに登場!予約すると5,000円分のEdyギフトをゲットできる!!

ソニーのSIMフリースマホXperia J1 compactの楽天モバイルでの取 …

防水性能を備えたSIMフリースマホをまとめてみました!

スマホを使っているときに防水機能があったらいいな、と思いませんか。 ということで …

TVで取り上げられていた格安スマホの3つの注意点について考察してみる。格安スマホが向いているのはこんな人だ!

テレビ東京のWBSで格安スマホが特集されていましたが、そこでは格安スマホが人気を …

iPhoneは16GBモデルが安いけど大容量モデルを選ばないと後悔するかも・・・

iPhoneには、複数のストレージモデルが用意されているので、購入する際には容量 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>