快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

HTC Desire EYEは防塵防水性能を備えたSIMフリースマホ!

      2015/10/24

台湾メーカーのHTCから新たにSIMフリースマホDesire EYEが登場しました。

モデル名に「EYE」というワードが入っていることからもわかるとおり、カメラ機能が強化されています。

自撮りに最適なスマホ!

引用元:HTC NIPPON Webサイト

前面カメラにも背面カメラと同じ画素数(1300万画素)のセンサーを搭載。つまり、自撮りするときにも、従来のスマホに比べて綺麗に撮影できます。

同じように自撮りにフィーチャーしたスマホとしてはZenFone Selfieがあります。ZenFone Selfieも1300万画素の前面カメラが搭載されているので性能は同じです。

防塵・防水性能

Desire EYEの大きな特徴として、防塵・防水性能を備えている点が挙げられます。したがって、濡れた手で触ったり、誤って水をこぼしたりしても大丈夫。安心して使うことができます。

SIMフリースマホで防水性能を備えている機種は少ないので、大きな差別要因になると思います。

ポップなデザイン

Desire EYEでは、外観にポップなデザインを採用。自撮り機能を強化しているということで、女性を意識したデザインになっています。用意されているのはスカーレット/マリーンの2色。

いずれも側面部に明るめの色を配置したツートンカラーになっています。

HTC Desire EYEのスペックをチェック!

Desire EYEの主なスペックをチェックしてみましょう。

Desire EYE
カラーリング
スカーレット/マリーン
OS
Android 5.1(Lollipop)
CPU
Qualcomm Snapdragon MSM8972/2.3GHzクアッドコア
メモリ
2GB
ストレージ
16GB
メモリースロット
MicroSDメモリーカード
ワイヤレス
無線LAN 802.11b/g/n Bluetooth V4.1
LTE対応
液晶サイズ
5.2型
解像度
1920×1080ドット
バッテリ容量
2,400mAh
カメラ
前面1300万画素
背面1300万画素
サイズ
73.8×151.7×8.5mm
重量
154g
防塵防滴
価格
(税込)
57,024円

CPUはクアッドコアプロセッサを搭載。メモリ2GB/ストレージ16GBとなっており、ミドルレンジのスマホに位置づけられています。

ちょっと触ってみましたが、操作感はいいですね。タッチ操作でモタモタすることもありません。2GBのメモリを搭載しているので、一般的なタスクであれば快適に行えると思います。

ストレージは16GBですが、microSDカードスロットを備えているので、後からmicroSDカードを挿入して容量を増やすことが可能です。

液晶は5.2インチのフルHD対応パネルを搭載しています。

まとめ

以上、Desire EYEの特徴をまとめると次のとおり。

・背面カメラと同じ画素数の前面カメラを搭載しており、自撮りが得意
・防塵/防水性能を備える
・ポップなデザイン
・ミドルレンジスマホとして充実したスペック

全体的な仕上がりはいい感じですね。特に防水性能に惹かれる人も多いんじゃないでしょうか。女性が持っても違和感がないデザインもなかなかキュートです。

ただし、税込みで57,024円という価格設定は、ちょっと高いな~と思いますね。SIMフリースマホの価格は全体的に下落気味なのでもうちょっと安ければ訴求力が高まると思うんだけどな・・・

Amazonで「Desire EYE」を検索
楽天で「Desire EYE」を検索

アドセンス

アドセンス

  関連記事

HTC Desire 626はバランスのとれたミドルレンジスマホ!

HTCから登場したSIMフリースマホDesire 626。Desire EYEと …

HTC Desire EYEとDesire 626を徹底比較!

台湾メーカーのHTCからSIMフリースマホDesire EYEとDesire 6 …

HTC Desire EYEとDesire 626が本日(10/17)発売開始!

HTCからSIMフリースマホDesire EYEとDesire 626が本日(1 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>