快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

HUAWEI MediaPad T1 7.0 LTEタッチレビュー:通話もできる7インチタブレットが10,980円で購入可能です!

      2016/11/25

イベントでHUAWEI MediaPad T1 7.0 LTEに触ることができました。

MediaPad T1 7.0 LTEは、7インチ液晶を搭載したAndroidタブレット。最大の特徴として、SIMカードスロットを搭載している点が挙げられます。しかも、通話機能も利用可能。

楽天モバイルでは、SIMカードとセットで10,980円(税別)という低価格で販売しています。

MediaPad T1 7.0 LTEレビュー

MediaPad T1 7.0 LTEのスペックをチェック!

MediaPad T1 7.0 LTE
OS
Android 6.0
ディスプレイ
約7インチIPS
解像度
1024×600ドット
CPU
SC9830I A7 クアッドコア 1.5GHz
RAM
1 GB
ストレージ
8GB
カメラ
前面200万画素、背面200万画素カメラ
ワイヤレス
IEEE802.11 b/g/n
LTE対応
(B1/3/8/19/41)
バッテリ
バッテリ4,100mAh
SIM
スロット数:1 /micro SIM
寸法
約107×191.8×8.5mm
重量
約278g
価格(税別)
10,980円

 

安さ重視ということで、スペックは抑えめ。特にメモリを1GBしか積んでいないので、あまりパフォーマンスを期待すべきではないと思います。

ただし、ちょっと触ってみた限りでは、タッチ操作の反応も良く、そんなにもっさりした感じはありませんでした。

液晶は7インチと大きめ。スマホと比べると見やすさは格段に上です。左が5.2インチ液晶搭載のスマホ、右がMediaPad T1 7.0 LTEです。こうして比べてみると、やっぱり7インチ液晶は大きいですね。

実際、楽天モバイルの店頭にスマホに買いに来たシニア層の方が、液晶の見やすさ/価格の安さに惹かれ、通話もできると聞いてこのMediaPad T1 7.0 LTEを購入していくケースが結構あるそうです。そりゃ、老眼の進んだ人なら、液晶は大きい方がいいですよね。

でも、解像度は1024×600ドットとそれほど高くないので、高精細パネルを見慣れた人にはちょっと粗く感じるかもしれません。

ボディには、精巧に削りだされたメタルフレームを採用しているため、価格の割にはすごくスタイリッシュなデザインに仕上がっています。なので、デザインが野暮ったくて購入に二の足を踏むことはないと思います。

大きさもなんとか片手で持てる大きさ。重量は278g。バランスがいいせいか、それほど重くは感じませんでした。

ナビゲーションボタンは液晶に表示されるタイプです。

4100mAhという大容量のバッテリを搭載しています。さらにリバースチャージ機能を搭載しているので、MediaPad T1 7.0 LTEから他のスマホ等のデバイスに充電することが可能(ただし別途OTGケーブルを用意する必要あり)。なので、外出先でモバイルバッテリーの働きをしてくれます。これは便利!

ボディの厚みは8.5mm。このクラスのタブレットとしては、そんなに分厚くはありません。

右側面部の下の方に、SIMカードスロットとmicroSDカードスロットが配置されています。通常は蓋で覆われていますが、簡単に外せます。

上面部にイヤホン端子が配置されています。

実際にMediaPad T1 7.0 LTEを触ってみて、想像以上に仕上がりがいいと思いました。特にデザインがスタイリッシュなのがいいですね。

楽天モバイルでは上位モデルとしてMediaPad T2 7.0 Proも用意されています。

→参考:HUAWEI MediaPad T1 7.0 LTEとMediaPad T2 7.0 Proのスペックを比較してみました!

安価なタブレットとしては、AmazonのFireタブレットが有名ですよね。ぼくも8インチ液晶搭載のFire HD8を購入しました。価格は12,980円ですが、Amazonプライム会員なら割引きが効いて4,000円オフの8,980円で購入できます。

→参考:Amazon Fire HD 8 タブレット(2016年モデル)レビュー:想像していた以上にいい仕上がり

価格だけで見ればFire HD 8の方が安いですが、SIMカードスロットがありません(通話はできない/自前でデータ通信はできない)。またカスタマイズされたOSを搭載しており、純粋なAndroid OSではないので、利用できないアプリが存在する、などのデメリットもあります。

まとめ

MediaPad T1 7.0 LTEは、

・スマホの液晶では小さすぎる
・通話機能を使いたい
・コスパがいい

という特性を備えたタブレットを探している人にはお勧めです。楽天モバイルでSIMカードとセットで契約すれば、10,980円という安さでゲットできます。「通話のできるデバイスを探しているが、液晶は大きくて価格が安いモデルがいい。性能はそんなにこだわらない」、という人には超お勧めしたいですね。

詳しくは、楽天モバイル(公式Webサイト)を参照してください。

楽天モバイルならではのメリットもあるよ!

楽天モバイルの通信プランは以下のとおり。価格も非常にリーズナブルになっています。

 
ベーシック
3.1GB
パック
5GB
パック
10GB
パック
20GB
パック
30GB
パック
データ専用
525
900
1,450
2,260
4,050 5,450
データ
+SMS
645
1,020
1,570
2,380
4,170
5,520
データ+
電話
(SMS含)
1,250
1,600
2,150
2,960
4,750
6,150
通信速度
200Kbps
下り最大150Mbps/
上り最大50Mbps

楽天モバイルを利用すれば

・月額料金は初月無料
・余ったデータ通信量は翌月に繰り越し可能
・月々の支払い(通信費)100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる
・通話SIMを契約した場合、契約期間中、楽天市場でのお買い物ポイントが2倍

というメリットも享受できるのでオススメです。

詳しくは、楽天モバイル(公式Webサイト)を参照してください。

【HUAWEI MediaPad T1 7.0 LTEの価格をチェックする】
Amazon楽天市場

アドセンス

アドセンス

  関連記事

HUAWEIのハイエンドSIMフリースマホMate Sに触ってきたよ!

最近SIMフリースマホ市場で多彩なラインアップを提供しているHUAWEI(ファー …

HUAWEI P8 Maxは6.8インチ液晶搭載のフラッグシップスマホ

P8 Maxは、中国のスマホメーカーHUAWEIが提供するSIMフリースマホ。6 …

HUAWEI P8 liteを安く購入する方法!

ミドルレンジの格安スマホの中で高い人気を誇るHUAWEI(ファーウェイ) P8 …

楽天モバイルでHUAWEI honor6 plusを購入すると最大11,000ポイントもらえるキャンペーン実施中!

honor6 plusは、5.5インチ液晶搭載のハイエンドSIMフリースマホ。ダ …

HUAWEIのSIMフリースマホの修理をワイモバイルショップで受付!代替機の貸出もありとのこと!

最近SIMフリースマホで存在感を増しているHUAWEIですが、ユーザーサポートを …

楽天モバイルでHUAWEI P8 liteを購入すると3,500ポイントをゲットできるキャンペーン実施中!!

高いコスパが売りのHUAWEI P8 liteを楽天モバイルで購入すると楽天スー …

HUAWEI GR5タッチレビュー:ボディの質感は高い!

HUAWEIのミドルレンジSIMフリースマホGR5に触ってきたので、レビューしよ …

ASUS ZenFone SelfieとHUAWEI P8 LITEを徹底比較してみた!

ZenFone Selfie自動機能に特化している、HUAWEI P8 LITE …

1万円台の格安スマホHUAWEI Y6の特徴をチェック!

多数のSIMフリースマホを提供するHUAWEIから新たにHUAWEI Y6が登場 …

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proタッチレビュー:指紋認証センサー搭載の7インチタブレット

イベントでHUAWEI MediaPad T2 7.0 Proに触ることができま …