快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

HUAWEI P9 lite購入レビュー:アルミフレーム/指紋センサー搭載で2万円台を実現!!

      2016/11/02

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。

日本でも人気のあるSIMフリーメーカーHUAWEIからP9 liteが登場しました。昨年発売され、大きな人気を集めたp8 liteの後継モデルに位置づけられます。

大人気モデルの後継モデルということで、大きな注目を集めているP9 lite。ゴールドモデルを購入したので詳しくレビューしたいと思います。

HUAWEI P9 liteレビュー


ボディはすごく質感が高い!

HUAWEI P9 lite ゴールド

購入したのはゴールドカラーのP9 lite。光が当たったときの光沢感がすごくいいです。

側面部のエッジ部分の輝きもすごく綺麗。

アルミフレームなので質感がいいです。

背面部の左上にカメラとフラッシュが配置されていますが、そこの部分と他の部分ではデザインが異なっています。

カメラ以外の部分にはヘアライン加工が施されているのがわかります。なので触ってみるとちょっとざらざらしていて、肌触りがすごくいいです。

かなり満足感の高い仕上がりです。

カラーリングは、ゴールド以外にも、ホワイト/ブラックの合計3色を用意(イベントで触ることができました)。

HUAWEI P9 liteゴールド

こちらはホワイトモデル。

側面部はシルバー。

すごくシンプルな仕上がりです。

ヘアライン加工は施されておらず、触るとさらっとしています。

HUAWEI P9 lite ブラック

こちらはブラックモデル。

側面部もブラック。

ブラックモデルの背面部もマット調の仕上がりです。

ぼくは、高級感のあるゴールドが気に入ったのでゴールドモデルを購入しました。

ミドルレンジスマホとして充実したスペック!

HUAWEI P8 liteとP9 liteの主なスペックを比較してみると次のとおり。

P8lite
P9lite
OS
Android 5.0
Android 6.0
ディスプレイ
5インチ
5.2インチ
解像度
1280×720
1920×1080
CPU
Kirin 620 オクタコア(A53/1.2GHz)
Kirin 650 2GHz+1.7GHz
(オクタコア)
RAM
2GB
2GB
ストレージ
16GB
16GB
microSD
スロット
カメラ
前面500万画素、背面1,300万画素カメラ
前面800万画素、背面1,300万画素カメラ
ワイヤレス
IEEE802.11 b/g/n
IEEE802.11 b/g/n
LTE対応
(B1/3/5/7/8/19/28/40)
(B1/3/5/7/8/19/28/40)
バッテリ
バッテリ2,200mAh
バッテリ3,000mAh
SIM
スロット数:2 / micorSIM / nano SIM
スロット数:2 / nano SIM×2
寸法
約71×143×7.7mm
約72.6×146.8×7.5mm
重量
約131g
約147g

 

IIJ MeetingでP8 liteが展示されていたので比較してみました。左がP8 lite、右がP9 liteです。

■高い基本性能

P9 liteではコアを8個搭載したオクタコアプロセッサを採用。エントリスマホで一般的なクアッドコアの倍の数のコアを搭載しています。したがって、一度により多くの処理が可能。メモリは2GB、ストレージは16GB。

2GBのメモリ容量があれば、処理速度がモタモタして使いづらいということはないでしょうが、ストレージが16GBというのは最近のモデルとしてはちょっと少なめかな~まあmicroSDカードスロットがあるのでsdカードを使えば容量を増やせるんですけどね。

実際に触ってみて、アプリの切替、起動時にもたつく感じはほとんどありませんでした。

Anttutuベンチマークのスコアは52782。オクタコアプロセッサ+2GBメモリで29,900円という、P9 liteと同じような構成/価格のFREETEL SAMURAI REIのスコアが37054。15,000以上の開きがあります。このクラスのスマホとしては、ベンチマークのスコアは高いと思います。

■液晶は見やすい

液晶は5.2インチ、解像度は1920×1080ドット。液晶の外枠が非常に狭くなっているのがわかります。

液晶表示は凄く鮮明で綺麗。精細感も高く、YouTubeの動画を視聴してみましたが、十分楽しむことができました。

視野角も広め。

■操作性もいい

タッチパネルの反応もいいですね。もたつくことなく快適に操作できました。

Googleマップで拡大/縮小/移動操作を行ってみましたが、タイムラグはほぼなし。

画面を上から下にスワイプすると表示されるメニューは上のとおり。

ナビゲーションバーは、液晶の一番下に表示されるタイプです。

■カメラも使いやすくて綺麗

カメラ機能はハイエンドのスマホと同等クラスの有効画素数(前面800万画素
背面1300万画素)を実現。1300万画素カメラはソニー製センサーを採用しているほか、背面/前面の両方ともF2.0の明るいレンズを搭載しています。

なお上位モデルとして「ライカ」カメラを搭載したHUAWEI P9も同時に発売されています。
→参考:HUAWEI P9実機レビュー:「ライカ」カメラはやっぱり凄い!写真好きには堪らないスマホだと思う!

→参考:「ライカ」カメラ搭載HUAWEI P9とコスパ重視のHUAWEI P9 liteのスペックを比較してみた!

カメラは背面部の左上に位置しています。この位置にあると、スマホを横にした撮影しようとした場合、指がかかりやすいのでちょっと注意が必要かも。

カメラアプリを立ち上げたところ。

画面を左から右にスワイプするとモード画面が表示されます。「プロ写真」をタップすると、ISO/露出/ホワイトモードなどを自在に調整できます。

画面を右から左にスワイプすると設定画面が表示されます。

外で紫陽花を撮影してみました(クリックすると写真が拡大します)。フォーカスもそこそこ早いし、シャッター音も静かめです。

非常に綺麗に撮影できています。色の描写もすごく綺麗。

看板を撮影。細かい文字までシャープに撮影できています。

ディスプレイを撮影。キラキラ感が出てますね。

暮れなずむ銀座を撮影。逆光ですが、夕焼けと建物のコントラストが綺麗。

夜間に撮影してみました。多少ノイズは入っていますが、なんとか見られる写真になっています。

いろいろと撮影していて楽しいスマホですね。シャッター音が軽やかなのであんまり気にしなくてもいいし、フォーカスに時間がかかってイライラすることもありません。なにより画質がいいので、「これも撮影しよう、あれも撮影しよう」という気になるんですよね。

また指紋センサーを搭載しているのですぐに起動できるので撮りたいときにすぐ撮影できるのも大きいかも。

■指紋認証センサー搭載

P9 liteには指紋認証センサーを搭載しています。位置は背面部の中央上。いちいちログインしなくても指紋認証で一発で起動できるのは楽ですね~最大5つの指紋登録が可能。実際に指紋を登録して使ってみましたが、すごく反応はいいです。それほど強く指をおしつけなくても、軽く押すだけ認証してくれます。

ぼくは、両手の人差し指の指紋を登録しているのですが、この位置にセンサーがあると便利。さっと指をセンサーに当てることができます。

■カバーを標準で同梱

P9 liteには標準でプラスチック製のカバーが同梱されています。

透明なので、P9 liteのデザインの良さを損ないません。

カバーを装着するとこんな感じ。背面部の表面はマット調の仕上がりになっており、触った感触はさらっとしていて気持いいです。

センサー部分およぼカメラ/フラッシュ部分には穴が開いています。

また前面部には、液晶を覆う形で透明フィルムが貼り付けられています。

デフォルトの状態で液晶を保護してくれるのはうれしいですね。フィルムの滑りが多少悪かったり、汚れがつきやすかったりしますが、そのままでも十分使うことができます。こだわらないのであれば、別途フィルムを購入しなくても済むと思います。

このフィルムとカバーがあれば、とりあえずP9 liteを傷つけてしまう心配はなさそう。

■各パーツ詳細

P9 liteの各パーツをチェックしてみましょう。

右側面部。

音量調整ボタンと電源ボタンが配置されています。

左側面部。SIMカードスロットが配置されています。SIMカードスロットはピンで押して開くタイプです。

上面部。ヘッドホン端子が配置されています。

底面部。中央にmicroUSB端子、右にスピーカー、左にマイクが配置されています。

充電するときには、microUSB端子にケーブルを接続します。

本体右上にステータスインジケータが配置されており、充電中はオレンジ色が点灯します。

■nano SIMスロットのみ搭載

P9 liteでは背面カバーを開ける仕様にはなっていません。SIMカードスロットは左側面部に配置されています。

ピンで押して、スロットを引き出します。ピンは同梱されています。

ピンを穴に差し込んで押せば、SIMカードスロットが少し飛び出してくるので、引き出せば外れます。

P9 liteにはnanoSIMカードスロットが2つが装備されていますが、両方のスロットにSIMカードを装着しても同時に使用することはできません。いずれか一方を使用する形になります。

右がスロット1、左がスロット2です。スロット2はnanoSIM用スロットとmicroSDカード用スロットの兼用になっています。

Androidスマホで一般的に使われているmicroSIMは利用できません。miro SIMしか持っていない人がP9 liteを購入した場合、nano SIMカードを用意する必要があります。

ライバル機種は?

■FREETEL SAMURAI REI

スペックが似ていて、価格がほぼ同じのFREETELのSAMURAI REI(29,900円)がライバル機種として位置づけられるでしょうね。P9 liteの発表会でも、REIが名指しで比較されていましから。

左がP9 liteです。

→参考:FREETEL SAMURAI REIとHUAWEI P9 liteのスペックを比較してみた!

■HUAWEI GR5

指紋認証センサー搭載という点ではP8 liteと同じ特徴を持つHUAWEI GR5とも競合するかもしれません。

左がP9 liteです。

→参考:HUAWEI GR5とP9 liteのスペックを比較してみた!

しばらく使ってみたけど完成度は高い!買って良かった!!

これまでHUAWEI P9 liteを使った限りでは、満足感が非常に高いですね。操作のもたつきがほとんど発生しないんですよ。ぼくは4GBメモリ搭載のZenFone Zoomを使っているんですが、Zoomの後にP9 liteを使っても、操作面で不満に感じることはほとんどありません。これって結構すごいことだと思います。

タッチパネルの反応も良くて、思ったとおりの操作ができるのでストレスはほとんどありません。液晶も綺麗だし、指紋認証センサーの反応も良好。たまに失敗した場合でも、もう一度しっかり指でセンサーを押せば、ほぼ100%認証してくれます。

バッテリの持ちもいいですね。Web閲覧/ニュースアプリ/SNSといった比較的負荷の軽いタスクを実行している間は、そんなに極端にバッテリが減ることはありません。

ゴールドモデルを購入したんだけど、デザインの質感もお気に入り。スマホでゴールドを購入したのは初めてなんだけど、なんか高級感があっていいね。カミさんも、「いい色だね」と褒めてくれました。

3万円ちょっとでこれなら十分なんじゃないかな。あまりに快適すぎて、メインスマホとして使おうかなと考えているくらい。うん、これはいいよ!

P9 liteを単体で購入する

HUAWEI P9 liteは、ヨドバシ/ビックカメラ等の家電量販店で単体で購入することができます。たとえばヨドバシカメラでは、税込で32,290円で購入できますが、10%のポイント(3,229円分)をゲットできるので実質的に29,061円で購入できる計算になります。

ところがAmazonでは10%値引きされているので税込で29,141円で購入可能です。実質額ではヨドバシカメラの方が80円お得ですが、支払い額という点ではAmazonの方が安くなります。また楽天市場でも最安値はAmazonと同等の価格になっています(価格は記事執筆時点)。

【HUAWEI P9 liteの価格をチェックする】
楽天市場Amazon

MVNOでP9 liteを安くセット購入する方法!

HUAWEI P9 liteとSIMカードとのセット販売を行う主なMVNOは次のとおりです。

■楽天モバイル:一括払い29,980円で購入可能。

HUAWEI P9 liteを1万円オフでゲットできる!

引用元:
楽天モバイル

楽天モバイルでSIMカードとセットでHUAWEI P9 liteを契約すれば1万円オフの19,980円(税別)で購入できるお得なキャンペーンを実施中です(12/20迄の期間限定)。通話SIMはもちろん、解約金なしで解約できるデータSIMも対象になっています。さらに数量限定ですがオリジナル手帳型ケースもプレゼントされます。

*詳しくは、HUAWEI P9 lite (楽天モバイルWebサイト)を参照してください。

■NifMo一括払い28,889円で購入可能。

IIJmio(みおふぉん):一括払いで27,980円で購入可能。分割払いも可能です(1,200×24=28,800円)。

■BIGLOBE:24回分割払いで購入可能(1,240×24=29,760円)

■DMM mobile:一括払いで29,980円で購入可能。分割払いも可能です。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

HUAWEI P9実機レビュー:「ライカ」カメラはやっぱり凄い!写真好きには堪らないスマホだと思う!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 HUAWEI P9は「ライカ」カメラを搭 …

「ライカ」カメラ搭載HUAWEI P9とコスパ重視のHUAWEI P9 liteのスペックを比較してみた!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 HUAWEIから、「ライカ」カメラ搭載の …

FREETEL SAMURAI REIとHUAWEI P9 liteのスペックを比較してみた!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 同じ価格帯のライバルとなるSIMフリース …

モトローラMoto G4 Plus/HUAWEI P9 lite/FREETEL SAMURAI REIのスペックを比較してみた!

ミドルレンジスマホとして位置づけられるモトローラMoto G4 Plus/HUA …

HUAWEI P9 liteに触ってきた!アルミフレームの質感はやっぱりいい!

先日発表されたばかりのHUAWEI P9 liteがヨドバシに展示されていたので …

HUAWEI P9 liteを予約購入しました!到着が楽しみ!!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 HUAWEI P9 liteが発表されて …

HUAWEI GR5とP9 liteのスペックを比較してみた!

HUAWEIのミドルレンジSIMフリースマホGR5とP9 liteのスペックを比 …

HUAWEI P9 Liteを購入したので早速開封してみた!!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 アルミフレームを採用した美しいデザインが …

楽天モバイルでHUAWEI P9 liteが1万円オフになるキャンペーンまとめ

コストパフォーマンスに優れたHUAWEI P9 liteが1万円オフとなるお得な …