快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

Lenovo Phab 2 Proタッチレビュー:世界初となるTango対応のファブレット!

   

Lenovo Phab 2 Proは6.4インチの大型液晶を搭載。スマホよりも大きいボディのため、スマホとタブレットの中間のファブレットに位置づけられます。

最大の特徴は、世界で初めてTangoに対応している点。レノボのイベントでLenovo Phab 2 Proに触ることができたのので詳しくレビューしたいと思います。

Lenovo Phab 2 Proレビュー

大型液晶を搭載

6.4インチの大型液晶を搭載。なのでボディも大きめです。

これだけ大きく解像度も高いので、レノボの担当者は、カーナビとして使っているとのこと。

厚みは最薄部で約7mm。大きさの割には薄いですね。

背面部が丸みを帯びた形状になっているため持ちやすいです。重量は約259g。

充実した基本構成

Lenovo Phab 2 Proの主なスペックは次のとおり。

Lenovo Phab 2 Pro
OS
Android 6.0
ディスプレイ
6.4インチIPS
解像度
2560×1440ドット
CPU
Qualcomm Snapdragon 652
オクタコア プロセッサー
RAM
4GB
ストレージ
64GB
microSD
スロット
カメラ
前面800万画素、背面1600万画素カメラ
ワイヤレス
IEEE802.11 a/b/g/n/ac
LTE
(B1/3/5/8/38/41​)
バッテリ
バッテリ4050mAh
SIM
スロット数:2 / タイプ:nanoSIM×2
寸法
H179.83mm x W88.57mm x D6.96-10.7mm
重量
約259g
カラー
ガンメタルグレー/シャンパンゴールド
価格(税別)
49,800円

 

スペックは非常に充実しています。4GBのメモリを搭載しているため、余裕のある処理が可能です。

またDolby対応に対応しているため、音もクリア。実際にサウンドを再生してもらいましたが、離れた場所からでも、非常にクリアに聞くことができました。

Tangoに対応

TangoとはGoogleのテクノロジー。

「そこにある物体をリアルタイムに認識し、マッピングする技術」のことです。

3つの主な機能(モーショントラッキング/空間認識/深度・奥行き認識)を実現するため、Lenovo Phab 2 Proでは通常のカメラに加えて、深度・距離カメラモジュール、魚眼カメラを搭載しています。

実際の配置はこんな感じ。ごちゃごちゃしておらず、すっきりとボディに収まっています。

独占契約となっており、1年間はレノボのみTango対応製品を販売できるそうです。

一般的なカメラの画角は上のとおりですが、

Phab 2 Proではここまでの空間を認識しています。

Phab 2 ProのAR機能を活用することにより、他品目の組み合わせや大きさなどの確認を、液晶画面でリアルタイムにチェックできるようになります。

たとえば自転車のいろんなパーツを組み合わせたり、いろんなカラーリングを試してみたりして、自分の要望にあった組み合わせをすばやくチェックできます。

いろんな活用例がありますが、実際にBMWのアプリを見せてもらうことができました。

対応アプリを使って、BMWの車を液晶に表示し、外観、内装をチェックすることが可能。

思った以上にスムーズに表示されます。そこに車があるみたいで、見ていて結構楽しいです。

家具を配置できるアプリも見せてもらいました。

イスが、実際の机の奥に配置されると、ちゃんと影に隠れます。

基本性能が高いおかげで、処理にもたついたりすることはありませんでした。

まとめ

ユーザーのメリットをまとめると上のとおり。

・大画面液晶を搭載
・高い基本性能
・クリアなサウンド
・Tnago対応

性能は高く、先進のテクノロジーを搭載しています。価格は49,800円(税別)に設定されており、デザイン/性能/テクノロジーを考えれば、高すぎるという感じはしないですね。

*詳しくは、Lenovo Phab 2 Pro(レノボWebサイト)を参照してください。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

万が一の事態に備えてサブスマホとして大容量バッテリ搭載スマホを用意しておくと安心かも

スマホ1台しか持っていない人も多いと思いますが、災害が発生した場合でも、ネットに …

スマホ/タブレット/PCで利用可能なカードリーダー(BUFFALO BSCRUM04BK)を購入!すごくコンパクトで携帯しやすい!

スマホとPCでデータのやりとりをできるよう、 BUFFALO BSCRUM04B …

日本通信がソフトバンクの格安SIMを提供するのも近い?

先日、MVNOの日本通信がソフトバンクのSIMを提供するかも?という記事をアップ …

これからキャリアでスマホを持つのならNTTドコモがおすすめ!その理由とは?

ぼくはこれまでソフトバンクのiPhoneを使用していました。先日、格安MVNOの …

格安SIMを提供するMVNO事業者を選ぶときのポイント

最近、格安SIMを提供するMVNO事業者に注目が集まっていますね。 MVNOとは …

あまりに料金が高いのでスマホの通信費を安くする方法を検討してみた!

スマホの通信料って高いですよね。我が家では、ぼくと家人の2人がiPhone(ソフ …

ランニング時の操作性を向上させるため、スマホを手首に装着できるリストバンドを購入しました!

現在ランニング時には、ズボンのポケットにスマホを入れて走っているのですが、やっぱ …

ONKYO GRANBEATレビュー:サウンドへのこだわりを貫いたスマホ!

楽天モバイルのイベントにONKYOが提供するAndroidスマホGRANBEAT …

ソニーのVAIO Phone Bizに触ってきた!デザインの質感がいいというけれど・・・

先日ヨドバシカメラに立ち寄ったら、発売されたばかりのVAIO Phone Biz …

カシオWSD-F10レビュー:カシオらしいアウトドアにこだわったスマートウォッチ!

カメラの祭典CP+でカシオのスマートウォッチWSD-F10が展示されていました。 …