快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

格安SIMを利用している人の割合が前年比2.6倍に増加!

   

MMD研究所が発表した調査によると、メインで格安SIMを利用している人の割合が昨年同時期の2.1%からなんと5.6%(2.6倍)に急増しています。

引用元:MMD研究所

上のグラフを見てもらえば、右肩上がりで増えているのがわかります。特に昨年4月からは急増していますね。

格安SIMの利用者が大幅に増えている

このように格安SIMの利用者が増えた理由として、まず格安SIMスマホの認知度が上がったことが挙げられるでしょうね。昨年春以降、いろんなメディアで格安SIMが取り上げられていましたからね。

「こんなに安くなるんだ」と驚いた人も多いんじゃないでしょうか。

また魅力的なSIMフリースマホが相次いで登場したのも大きな要因でしょう。コスパに優れたASUS ZenFone 5が登場したのが2004年秋。それまで魅力的なSIMフリースマホが少なかったため、大きな人気を集めました。その後も2015年になってから、ASUSのZenFone 2やZenFone 2 Laser、HUAWEI P8 Lite、富士通arrows M02などが販売され、格安スマホのシェア拡大につながっています。

格安SIMを挿入しているスマホの入手方法も調査されていました。結果は上のとおり。

「以前から使っていてAndroidスマートフォン」の割合が13.1%と意外に高いですね。中古のスマホを購入している人も7.1%います。安さ重視で移行する人が多いので、スマホの代金も安く済ませようという人が多いんでしょうね。

格安SIMのシェアはまだまだ伸びそう

他の大手通信キャリアのシェアは上のとおり。

NTTドコモ:36.5%
au:32.7%
ソフトバンク:21.6%

格安SIMは5.6%ですから、まだ大手キャリアのシェアは高いですね。でも、周りで使っている人が増えてきたら、格安SIMに乗り換える人は増えてきそう。この後、どのくらいシェアを伸ばしてくのか楽しみです。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

「Pokémon GO」のデータ通信料が1年間無料となる「DTI SIM ノーカウント」が発表されました。「Pokémon GO」を存分に楽しみたい人にとってはありがたいかも!!

格安SIMプランを提供するDTI SIMから、「Pokémon GO」のデータ通 …

SIMフリースマホでもモバイルSuicaが利用可能に!arrows M02/AQUOS SH-M02/Xperia J1 Comapctが対応!!

これまでSIMフリースマホでおサイフケータイ機能を搭載したモデルはありましたが、 …

HP Elite x3レビュー:ハイパフォーマンスなWindowsスマホ!セキュアな環境でタフな使い方ができる!

HP Elite x3は、ハイパフォーマンスなWindowsスマホ。スマホとして …

iPhoneのSIMフリー機は分割払いが可能。12回までなら金利は1%と格安!

SIMフリーのスマートフォンを購入すれば、基本的には自分のニーズに合ったSIMカ …

京セラDIGNO Lタッチレビュー:ハンドソープで洗えるポップなスマホ!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 UQモバイルのイベントで京セラDIGNO …

日本通信がソフトバンクの格安SIMを提供?本当ならソフトバンクユーザーにとって朗報になる!

老舗のMVNO事業者である日本通信の会長がツイッターで「バンクの格安シムたのしみ …

格安スマホの選び方を詳しく解説!

格安スマホを使い始めるには、当然スマホが必要ですが、どのスマホでもいいというわけ …

スマホの通信料を大幅に削減できるMVNOですが、皆が導入をためらう最大の理由とは?

最近MVNOが話題ですね。今年5月のSIMロック解除に向けて新しい事業者がどんど …

MNPで格安MVNOのBIC SIMに転入する手続きについて詳しく解説します!

先日、MNPを使ってソフトバンクから格安MVNOのBIC SIM(IIJ mio …

ぼくがMNPする際にMVNOとしてBIC SIM(IIJ mio)を選んだ4つの理由

MNPを使ってソフトバンクから格安MVNOのBIC SIM(IIJ mio)に移 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>