快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

モトローラMoto G4 Plusの特徴・レビュー・評価まとめ:LTE/3Gの同時待受が可能

      2016/09/11

モトローラからSIMフリースマホMoto G4 Plusが発表されました。

Moto G4 Plus

(写真はIIJ meetingに展示されていたMoto G4 Plus)

モトローラMoto G4 Plusのスペックをチェック

Moto G4 Plus
OS
Android 6.0
ディスプレイ
5.5インチ
解像度
1920×1080
CPU
Qualcomm Snapdragon 617
(オクタコア、1.5GHz)
RAM
2GB
3GB
ストレージ
16GB
32GB
microSD
スロット

(最大128GB)
カメラ
前面500万画素、背面1600万画素カメラ
ワイヤレス
IEEE802.11 a/b/g/n
LTE対応
(B1/3/5/7/8/19/20/28/40)
バッテリ
バッテリ3000mAh
SIM
micro SIM×2
(同梱のアダプターでnanoSIMカードサイズに対応可能)
寸法
約152×76.5×7.87(最厚部9.78)mm
重量
約157g
指紋認証
カラーリング
ブラック/ホワイト
価格

(税別)
32,800円
35,800円

 

Moto G4 Plusは、5.5インチ液晶搭載のミッドレンジクラススマホ。

スペックを見る限り、基本性能はすごく充実しています。CPUは、Qualcomm Snapdragon 617(オクタコア、1.5GHz)を搭載。メモリは2GBを搭載したモデルと3GBを搭載してモデルが用意されています。

メモリが2GBだとストレージは16GB、3GBだと32GBです。価格差は税抜きで3,000円。このぐらいの差なら3GBメモリモデルの方がコスパが高くていいかも。


液晶の下に指紋認証センサーを搭載しています。またディスプレイは強度に優れたGorilla Glass 3で覆われており、傷がつきにく仕様になっています。

ボディもそれほど分厚くなく持ちやすいです。バッテリ容量も3,000mAhと大きめです。

LTEと3Gのデュアルスタンバイに対応

Moto G4 Plusの大きな特徴として、LTEと3Gのデュアルスタンバイに対応している点が挙げられます(デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS))。

SIMカードスロットとしてmicro SIMカードスロットを2つ搭載しています。それぞれのSIMカードスロットにSIMカードを刺して、1つでLTE通信、もう1つで3G通信の同時待ち受けが可能になります。

異なる通信会社のSIMカードを同時に利用できるわけですから、デュアルスタンバイに魅力を感じる人は多いのではないでしょうか。

なお、同梱のアダプターでnanoSIMカードサイズに対応可能なので、手元にnano SIMカードしかない場合でも利用可能です。このあたりの配慮はうれしいですね。

SIMカードスロットとmicroSDカードスロットは別になっている

SIMカードスロットとmicroSDカードスロットが兼用になっているスマホが存在しますが、Moto G4 Plusでは、SIMカードスロットとmicroSDカードスロットは別になっているため、SIMカード2枚とmicroSDカードを同時に使用することができます。

カメラ性能も充実

背面カメラの画素数は1600万画素。他のミッドレンジスマホと比べて、画素数は高いですね。またレーザーオートフォーカスと位相差検知オートフォーカスに対応しているので、フォーカススピードも速そう。

あと開口部F2.0という明るいレンズを搭載しているため、暗い環境でもノイズの少ない写真を撮影そうです。

急速充電に対応

15分で6時間分を充電できる急速充電に対応しています。これだけ短時間で充電できるのはすごく便利だと思います。ぼくはZenFone Zoomの急速充電機能を多用していますが、やっぱり急速充電があると、あっという間に充電できるので非常に助かります。

ライバル機種は?

税抜きで3万円弱の価格設定となっているHUAWEI P9 liteとFREETEL SAMURA REIが比較対象になってくると思います。

→参考:モトローラMoto G4 Plus/HUAWEI P9 lite/FREETEL SAMURAI REIのスペックを比較してみた!

性能の充実ぶりとコスパの高さを考えれば、Moto G4 Plusを選択するというのもありだと思いますよ。

まとめ

【モトローラMoto G4 Plusの特徴まとめ】
・5.5インチ液晶搭載のミッドレンジスマホ
・充実したスペック
・指紋認証センサー搭載
・LTEと3Gのデュアルスタンバイに対応
・急速充電に対応

Moto G4 Plusは性能も充実しているうえに、LTEと3Gのデュアルスタンバイにも対応。かなり魅力的な仕上がりになっていると思います。

【Moto G4 Plusの価格をチェックする】
Amazon楽天市場

Moto G4 PlusをMVNOのSIMカードとセットで購入する

現時点でSIMカードとセットでMoto G4 Plusを購入できるMVNOは、DMM MobileとBIGLOBEです。

■DMM Mobile

業界最安値を謳うDMM MobileでMoto G4 Plusを取り扱っています。

一括払い:35,800円(税別)
分割払いも利用可能です。

*詳しくはDMM mobile
(公式サイト)を参照してください。

■BIGLOBE

BIGLOBEではMoto G4 Plusを分割払いのみで購入可能す。

24回分割払い:1,490×24=:35,760円(税別)

*詳しくはBIGLOBE(公式サイト)を参照してください。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

スマホで月ごとの最大通信量(7GB)の制限に引っかからないようにするための対策について解説するよ!

最近ではスマホで動画を見る機会も増え、ダウンロードするデータ量が増えている人も多 …

アンケートでスマホの「2年縛り契約」の撤廃を希望する人が7割以上になることが判明。MNPで格安MVNOに移行すれば縛りはなくなるんだけど、SIMフリーのスマホを検討している人は4割弱・・・

やっぱり、「スマホ」の「2年縛り」って嫌われていたんですね。ジャストシステムが行 …

マイクロソフトから「Surface Phone」スマホが出るという噂が・・・すごいスペックになるらしいぞ!!

今、Surfaceブランドはすごい人気。最近発売されたSurface Proに加 …

Pokémon GOを楽しむことができる格安スマホ(ジャイロ非搭載モデル)まとめ

Pokémon GO(ポケモンGO)が人気ですね。でも、OSが古かったりして、自 …

今使っているソフトバンクのiPhoneの契約を解約して、SIMフリースマホ+格安SIMにしたらお得かどうかシミュレーションしてみた!

スマホの通信料高いと思いませんか。ぼくの現在の通信料は約7,500円。通話料なし …

大手キャリアのスマホを使用しているのなら、契約更新月を迎えたら必ず電話しよう!特典を得られるかもしれないよ!

格安スマホが話題となっていますが、まだまだ大手キャリア3社(ドコモ/au/ソフト …

2つの方法を試したらスマホのバッテリ駆動時間が大幅に延びた!

ぼくはZenFone 2をメインスマホとして使用しているのですが、ちょっと前まで …

こんな環境下でスマホを使用しているのならMVNOへの移行がおすすめ!

ぼくは、ソフトバンクからMVNOのBIC SIM(IIJ mio)にMNPしてス …

スマホを解約する際に解約費用を抑えたいのなら、解約解除料の発生しない更新月を確認しておくべき!

スマホを解約する際、更新月以外に解約すると9,500円(税抜)という高額な契約解 …

MVNOへの移行をおすすめする人の条件とは?

2か月ほど前にMNPでソフトバンクから格安MVNOのBIC SIM(IIJ mi …