快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

格安スマホで通信料を削減する方法を解説!

*

スマホの通信料を大幅に削減できるMVNOですが、皆が導入をためらう最大の理由とは?

      2017/01/05

最近MVNOが話題ですね。今年5月のSIMロック解除に向けて新しい事業者がどんどん参入してきており、競争の激化に伴い、価格の引き下げ/通信容量の拡大が図られています。


MVNOを利用しない理由は・・・

こうした流れを受けて、高い通信料に悩んでいる人で、MVNOとの契約を検討している人も増えているようです。

上の図に示したとおり、10%が利用したい、48%が比較検討したいとの調査結果が出ています。

元記事:ケータイWatch

一方で、MVNOを利用しない理由の第一位はなんと「詳細がわからないから」。

確かに、自分で調べないとダメだし、ちょっとわかりづらいし、情報がどんどん更新されるし、時間のない人や調べるのが苦手な人にとっては、敷居が高いかもしれません。

通信料金を大幅に削減できる

でも、MVNOを利用すると、通信料金を大幅に削減できるので、少しでも節約したい人にとってはありがたい存在なんですよね。

たとえばDMMモバイルの一番安いプランだと660円(データ通信のみ/1GB/税抜)で契約することができます。ソフトバンクなどのキャリアと比べると大幅に安いですよね。

これまでは、3大キャリアしか選択肢がなく、MNPするときのキャッシュバック、スマホ割賦金相当額の割引などに目を奪われて、そのまま契約する流れが主流でした。

しかし、5月に予定されているSIMロック解除、多様なMVNO事業者の参入により、スマホ市場が大きく変わりつつあります。自分で調べるのは確かに面倒くさいですが、自分の使い方によっては、MVNOを利用することにより大幅な料金削減が可能。「詳細がわからないから」という理由だけで、MVNOを利用しないのはもったないですね

→参考:格安SIMを提供するMVNO事業者を選ぶときの9つのポイント
→参考:スマホの通信料金を低く抑えるためにMVNOを利用する場合のメリット/デメリットについて調べてみた!

そういうぼくも、解約金の発生しない更新月に、ソフトバンクを離れてMVNOにする予定です。

→参考:スマホを解約する際に解約費用を抑えたいのなら、解約解除料の発生しない更新月を確認しておくべき!

どのMVNO事業者にすべきか悩むな~しっかり調べて後悔のないようにしたいと思います。

→参考:格安SIMを提供するMVNO事業者を選ぶときの9つのポイント

アドセンス

アドセンス

  関連記事

格安スマホに移行する際に必要な手続きについて詳しく解説します!

これから格安スマホに移行する場合、さまざまな準備/手続きを行う必要があります。こ …

MVNOを使えばスマホの通信料金を大幅に削減できるけど、速度も重要だよね。ということで、どのMVNOの通信速度が速いのか調べてみた!オススメのMVNOは・・・

最近いろんなMVNO事業者が出てきて、業界は大賑わい状態です。最安値宣言をしてい …

同じキャリアで同じ端末を長く使う人に余分なコストを負担させ続ける大手キャリアのサービスってどうなの?

ずっと同じキャリアで機種を変更することなく同じ端末を使い続けている人っていますよ …

女性向け調査によるとスマホの月額コストを4,000円以下に抑えている人が15%もいることが判明!

既婚女性2,472名を対象にしたスマホに関する調査で、月額コストを4,000円以 …

iPhoneのSIMフリー機は分割払いが可能。12回までなら金利は1%と格安!

SIMフリーのスマートフォンを購入すれば、基本的には自分のニーズに合ったSIMカ …

なんと報道カメラにiPhoneを採用するテレビ局が出てきた!この流れはどんどん加速するかも!

最近、スマホのカメラが大きな進化を遂げていますが、ついに報道カメラにiPhone …

モトローラMoto G4 Plusの特徴・レビュー・評価まとめ:LTE/3Gの同時待受が可能

モトローラからSIMフリースマホMoto G4 Plusが発表されました。 (写 …

SIMフリースマホが気になるけど、そのメリット/デメリットは?

最近SIMフリーのスマートフォンを耳にする機会が増えていませんか?来年5月にはS …

これからキャリアでスマホを持つのならNTTドコモがおすすめ!その理由とは?

ぼくはこれまでソフトバンクのiPhoneを使用していました。先日、格安MVNOの …

防水性能を備えたSIMフリースマホをまとめてみました!

スマホを使っているときに防水機能があったらいいな、と思いませんか。 ということで …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>