快適節約術123

格安スマホで通信料を削減する方法を解説!

*

スマホの通信料を大幅に削減できるMVNOですが、皆が導入をためらう最大の理由とは?

      2017/01/05

最近MVNOが話題ですね。今年5月のSIMロック解除に向けて新しい事業者がどんどん参入してきており、競争の激化に伴い、価格の引き下げ/通信容量の拡大が図られています。


MVNOを利用しない理由は・・・

こうした流れを受けて、高い通信料に悩んでいる人で、MVNOとの契約を検討している人も増えているようです。

上の図に示したとおり、10%が利用したい、48%が比較検討したいとの調査結果が出ています。

元記事:ケータイWatch

一方で、MVNOを利用しない理由の第一位はなんと「詳細がわからないから」。

確かに、自分で調べないとダメだし、ちょっとわかりづらいし、情報がどんどん更新されるし、時間のない人や調べるのが苦手な人にとっては、敷居が高いかもしれません。

通信料金を大幅に削減できる

でも、MVNOを利用すると、通信料金を大幅に削減できるので、少しでも節約したい人にとってはありがたい存在なんですよね。

たとえばDMMモバイルの一番安いプランだと660円(データ通信のみ/1GB/税抜)で契約することができます。ソフトバンクなどのキャリアと比べると大幅に安いですよね。

これまでは、3大キャリアしか選択肢がなく、MNPするときのキャッシュバック、スマホ割賦金相当額の割引などに目を奪われて、そのまま契約する流れが主流でした。

しかし、5月に予定されているSIMロック解除、多様なMVNO事業者の参入により、スマホ市場が大きく変わりつつあります。自分で調べるのは確かに面倒くさいですが、自分の使い方によっては、MVNOを利用することにより大幅な料金削減が可能。「詳細がわからないから」という理由だけで、MVNOを利用しないのはもったないですね

→参考:格安SIMを提供するMVNO事業者を選ぶときの9つのポイント
→参考:スマホの通信料金を低く抑えるためにMVNOを利用する場合のメリット/デメリットについて調べてみた!

そういうぼくも、解約金の発生しない更新月に、ソフトバンクを離れてMVNOにする予定です。

→参考:スマホを解約する際に解約費用を抑えたいのなら、解約解除料の発生しない更新月を確認しておくべき!

どのMVNO事業者にすべきか悩むな~しっかり調べて後悔のないようにしたいと思います。

→参考:格安SIMを提供するMVNO事業者を選ぶときの9つのポイント

アドセンス

アドセンス

  関連記事

ランニング時の操作性を向上させるため、スマホを手首に装着できるリストバンドを購入しました!

現在ランニング時には、ズボンのポケットにスマホを入れて走っているのですが、やっぱ …

格安スマホの選び方を詳しく解説!

格安スマホを使い始めるには、当然スマホが必要ですが、どのスマホでもいいというわけ …

MNPでソフトバンクから格安MVNOに移行して月額コストを3割以上削減しました!

ずっとスマホの通信料金の高さに悩んでいましたが、ついにMNPを利用して格安MVN …

AmazonプライムデーでHUAWEI P20 liteが15%オフ、nova lite2が31%オフで超お得!!

Amazonプライムデーを実施中です(7/17(火)23:59迄の期間限定)。 …

女性向け調査によるとスマホの月額コストを4,000円以下に抑えている人が15%もいることが判明!

既婚女性2,472名を対象にしたスマホに関する調査で、月額コストを4,000円以 …

MNPで格安MVNOのBIC SIMに転入する手続きについて詳しく解説します!

先日、MNPを使ってソフトバンクから格安MVNOのBIC SIM(IIJ mio …

HPのWindowsスマホElite x3と接続可能なドックをチェック!デスクドックとノートドックが用意されています

イベントでHPのWindowsスマホElite x3に触ることができたのですが、 …

日本通信がソフトバンクの格安SIMを提供?本当ならソフトバンクユーザーにとって朗報になる!

老舗のMVNO事業者である日本通信の会長がツイッターで「バンクの格安シムたのしみ …

防水性能を備えたSIMフリースマホをまとめてみました!

スマホを使っているときに防水機能があったらいいな、と思いませんか。 ということで …

Anker SoundCore miniスピーカーレビュー:すごくコンパクトで携帯しやすいうえに音質も十分なレベル!

これまでBluetoothスピーカーは持っておらず、スマホ/タブレットに装備され …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>