快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

格安スマホで通信料を削減する方法を解説!

*

NuAns NEO [Reloaded]スペックレビュー:おサイフケータイ搭載/洗練されたデザインのスマホ!

   

NuAns NEO [Reloaded]はアクセサリーメーカーのトリニティが開発したAndroidスマホ。トリニティからはすでにWindows MobileスマホNuAns NEO(2015年秋登場)が提供されていますが、Androidスマホを希望するユーザーが多いの受けて、NuAns NEO [Reloaded]が登場しました。「Reloaded」というのは「再登場」ということをアピールしているんでしょうね。

ここでは、NuAns NEO [Reloaded]のスペックについて詳しく解説します。

(引用元;トリニティ)

NuAns NEO [Reloaded]のスペックをチェック

NuAns NEO [Reloaded]の主なスペックは次のとおり。

NuAns NEO [Reloaded]
OS
Android 7.1
ディスプレイ
5.2インチ
解像度
1920×1080
CPU
Snapdragon 625(MSM8953)
RAM
3GB
ストレージ
32GB
microSD
スロット

(最大1TB対応)
カメラ
ソニー製
前面800万画素、背面1,300万画素
ワイヤレス
IEEE802.11 a/b/g/n/ac
LTE対応
(B1/3/4/5/7/8/9
/12/17/18/19/26/28)
バッテリ
バッテリ3,450mAh
SIM
スロット数:1 / microSIM
(nano-SIMアダプター同梱)
寸法
約74×141×11mm
重量
後日発表
価格
(税込)
49,800円

 

OSは最新のAndroid 7.1を搭載。

ディスプレイは5.2インチ。シャープ製のパネルを採用しています。

プロセッサはSnapdragon 625を採用。メモリは3GBです。この基本構成であれば、ゲームなどの負荷のかかるタスクでなければ、ストレスなく処理できそう。Web閲覧/SNS/動画再生といったタスクを行うのが主であれば快適に作業できると思います。

ストレージは32GB。microSDスロットが用意されており、最大1TBに対応しているので、容量的な問題はないでしょう。

カメラは前面800万画素、背面1300万画素。画質の良さで定評のあるソニー製のカメラを搭載しているので、カメラの仕上がりには期待ができます。

WiFiはIEEE802.11 a/b/g/n/acに対応。またLTEも多様なバンドに対応しています。通信関係は充実していますね。

バッテリ容量は3450mAh。すごく大容量というわけではありませんが、このクラスでは平均以上のバッテリ容量だと思います。

SIMスロットはmicroSIMスロットが1つだけ。昨今では、デュアルスロットモデルが増えているだけに、ちょっと残念な気がしますが、nano-SIMアダプターが同梱されているので、nanoSIMカードも利用可能です。

指紋認証センサーを搭載しているほか、おサイフケータイも搭載しています。あとストラップホールも用意されています。

搭載端子は、USB Type-C(USB 3.0 / OTG、Quick Charge 3.0サポート)。前後の向きがないのでストレス無く接続できます。

洗練されたデザイン

木や革を使った取り外し可能なカバーを採用しています。上半分と下半分は別のパーツになっており、自由に組み合わせることが可能。自分の好みのデザインに仕上げることができます。このデザイン性の高さがNuAns NEOの最大の特徴といってもいいでしょう。

ちなみにWindows Mobileスマホの初代NuAns NEOとボディサイズ/デザインは同じのため、初代NuAns NEOのカバーをそのまま利用することができます。さすがアクセサリメーカーだけあって、このあたりの配慮はいいですね。

まとめ

価格は49,800円(税込)。スペックを考えればちょっと高いかな~という感じはしますが、デザイン性の良さ、おサイフケータイに魅力を感じる人、他の人とは違うスマホを持ちたいと考えている人には、オススメだと思います。

発売予定日は5月31日ですが、予約受付を開始しています。

Amazonでチェックする

アドセンス

アドセンス

  関連記事

万が一の事態に備えてサブスマホとして大容量バッテリ搭載スマホを用意しておくと安心かも

スマホ1台しか持っていない人も多いと思いますが、災害が発生した場合でも、ネットに …

今使っているソフトバンクのiPhoneの契約を解約して、SIMフリースマホ+格安SIMにしたらお得かどうかシミュレーションしてみた!

スマホの通信料高いと思いませんか。ぼくの現在の通信料は約7,500円。通話料なし …

日本通信がソフトバンクの格安SIMを提供するのも近い?

先日、MVNOの日本通信がソフトバンクのSIMを提供するかも?という記事をアップ …

ランニング時の操作性を向上させるため、スマホを手首に装着できるリストバンドを購入しました!

現在ランニング時には、ズボンのポケットにスマホを入れて走っているのですが、やっぱ …

MVNOへの移行をおすすめする人の条件とは?

2か月ほど前にMNPでソフトバンクから格安MVNOのBIC SIM(IIJ mi …

HPのWindowsスマホElite x3と接続可能なドックをチェック!デスクドックとノートドックが用意されています

イベントでHPのWindowsスマホElite x3に触ることができたのですが、 …

MMDの2016年4月の格安SIM通信速度調査ではFREETEL、UQ mobile、楽天モバイルが速い!

MMD研究所が4月21日に全国主要5都市で行った「2016年4月格安SIMサービ …

Androidスマホを集めたAndroidコーナーというのがあるんだね!気軽にスマホに触れるからこれはいいかも

先日、近くの家電量販店に久しぶりに寄ってみたら、スマホ売り場にAndroidコー …

なんと報道カメラにiPhoneを採用するテレビ局が出てきた!この流れはどんどん加速するかも!

最近、スマホのカメラが大きな進化を遂げていますが、ついに報道カメラにiPhone …

Windows 10 Mobileスマホの注目の機能Continuumが動く動画をチェックしてみた!

Windows 10 Mobileスマホが続々登場していますが、まだ日本でCon …