快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

ZenFone 2 LaserとmicroSDカードを同時購入すると500円オフになるキャンペーン実施中!

      2016/03/30

2万台(税抜)というお手頃価格を実現しつつ、優れたカメラ性能を備えたSIMフリースマホZenFone 2 LaserをASUSオンラインストアでMicroSDと同時購入すると500円オフになるキャンペーンを実施中です。

→参考:2万円台(税抜)で購入できるZenFone 2 Laser登場!
→参考:ZenFone 2 Laserに実際に触ることができたので、特徴/使い勝手について詳しくレポートするよ!

(ASUSオンラインストアから引用)

MicroSDカードと同時購入すると500円オフ

キャンペーン期間中にASUSオンラインストアにてZenFone 2 Laser(ZE500KL)と同時にTranscend microSDカード(16GB)を購入すると合計金額より500円(税込)値引きされます。

Transcend microSDカード(16GB)はASUSオンラインストアで1,280円で販売されているので実質780円で購入できることになります。Amazonでは、同じタイプのmicroSDカードが1,300円で販売されているので、ASUSオンラインストアの価格が他と比べて特別高いわけではありません。

ASUSオンラインストアで販売されているZenFone 2 Lazerは16GBのストレージを搭載したモデルのみ。16GBだと、動画/写真などの容量の大きなファイルを大量に保存するにはちょっと心許ない容量ですね。

ZenFone 2 LaserにはMicroSDカードスロットが装備されているため、microSDカードを使って容量を拡張することが可能。なのでちょっと容量が足りるか心配な人は、このキャンペーンを利用してお得にmicroSDカードを購入するといいと思います。

キャンペーンは9/30(水)迄となっています。

キャンペーンの詳細については、MicroSDカード同時購入キャンペーン(ASUSオンラインストア)を参照してください。

【関連記事】
→参考:ZenFone 2 Laserを安く購入する方法まとめ
→参考:ZenFone 2 Laserのファーストインプレッション:やはりカメラ機能はいい!

アドセンス

アドセンス

  関連記事

ZenFone 2を購入するともれなくIIJ mioの音声通話パックがプレゼントされるキャンペーン実施中!

世界初の4GBメモリ搭載スマホZenFone 2をASUSストアで購入すると、も …

ZenFone 5とその後継モデルZenFone 2 Laserを徹底比較!

ASUSより発表されたZenFone 2 Laser(ZE500KL)。名前は「 …

楽天モバイルでASUS ZenFone 2を半額でゲットできるうえ、大容量モバイルバッテリーももらえる太っ腹なキャンペーン実施中!

ASUSのハイパフォーマンスSIMフリースマホZenFone 2が楽天モバイルで …

ZenFone 2のオススメのモデルはこれだ!

ZenPhone 2では、メモリとストレージの組み合わせで3つのモデルが用意され …

自撮り機能に特化したASUS ZenFone Selfie(ZD551KL)の特徴・スペックについて詳しく解説するよ!

先日、ASUS ZenFone Selfie(ZD551KL)の発売が告知された …

ZenFone2(ZE551MLブラック)の発売が6月中旬以降に延期されました

先日発表され、5/16(土)からの発売予定がアナウンスされていたZenFone …

ZenFone 2とZenFone 5の比較:性能面ではZenFone 2が圧倒!

今、SIMフリースマホでZenFone 5が大きな人気を集めています。メモリ2G …

ZenFone 2のスマホセットが各MVNOから出揃ったけど、オススメはNifMo!5000円のキャッシュバックが受けられるよ!

ZenFone 2はASUSオンラインストアから直接購入することもできますが、初 …

ZenFone 2 128GBストレージモデルはこんな人におすすめ!

コストパフォーマンスの高さが受けて大人気の格安SIMフリースマホZenFone …

ZenFone 2 Laserのファーストインプレッション:やはりカメラ機能はいい!

ASUS先行体験会に参加し、モニタプログラムでZenFone 2 Laser(Z …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>