快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

格安スマホで通信料を削減する方法を解説!

*

ZenFone 3とZenFone 4のスペックを比較してみました!

      2017/09/21

ASUSのSIMフリースZenFone 3の後継モデルZenFone 4シリーズが発表されました。SIMフリースマホの中で高い人気を誇るZenFone 3の後釜だけにすごく気になる存在です。

ぼくは、ZenFone 3シリーズ(ZenFone 3/ZenFone 3 Max/ZenFone 3 Laser)を購入して使っているので、ZenFone 4がどんな仕上がりになっているのすごく気になるところです。

→参考:ZenFone 3(ZE520KL)購入レビュー:洗練されたデザインを実現しています!
→参考:ZenFone 3 Laser(ZC551KL)購入レビュー:メタルボディの質感がいい感じ!
→参考:ZenFone 3 Max(ZC520TL)購入レビュー:スリム/スタイリッシュな大容量バッテリ搭載スマホ

なので、ここでは、各シリーズのメインモデルであるZenFone 3とZenFone 4のスペックを比較してみました

(写真はZenFone 4(ZE554KL))

ZenFone3とZenFone4のスペックを比較

ZenFone 3とZenFone 4の主なスペックを比較してみました。

ZenFone 3は国内では、5.2インチモデルと5.5インチモデルの2つのモデルが販売されていますが、ZenFone 4では5.5インチモデルだけが用意されています。

ZenFone 3
(ZE520KL)
ZenFone 3
(ZE552KL)
ZenFone 4
(ZE554KL)
OS
Android 6.0
Android 6.0
Android 7.1
ディスプレイ
5.2インチ
5.5インチ
5.5インチ
解像度
1920×1080
1920×1080
1920×1080
CPU
Qualcomm Snapdragon 625
Qualcomm Snapdragon 625
Qualcomm Snapdragon 660
RAM
3GB
4GB
6GB
ストレージ
32GB
64GB
64GB
microSD
スロット
カメラ
前面800万画素、背面1,600万画素カメラ
前面800万画素、背面1,600万画素カメラ
前面800万画素、背面1,200万画素+広角800万画素カメラ
バッテリ
バッテリ2,650mAh
バッテリ3,000mAh
バッテリ3,300mAh
SIM
スロット数:2 / microSIM / nano SIM
スロット数:2 / microSIM / nano SIM
スロット数:2 / nano SIM×2
指紋認証センサー
有(背面上部)
有(背面上部)
有(前面下部)
重量
約144g
約155g
約165g
価格
37,584円(税込)
46,224円(税込)
61,344円(税込)

【ZenFone 4が優れていると思われる点】

・OSがAndroid 7.1
・メモリ容量6GBモデル
・バッテリ容量が大きい
・背面カメラがダブルレンズ

■ダブルレンズ搭載

ZenFone 4で気になるのは、やはり背面にダブルレンズを採用したカメラ。ZenFone 3ではシングルカメラでした。

左がZenFone 3(ZE520KL)、右がZenFone 4。ZenFone 3は背面部中央上にシングルレンズ、ZenFone 4は背面部左上にダブルレンズを搭載しています。

ZenFone 4のレンズは、端の方に配置されているので、撮影するときに指がかぶりやすいので注意が必要です。

セカンドカメラとして、ZenFone 4では広角カメラを搭載しているため、これまでよりワイドアングルで撮影可能。風景写真や集合写真で威力を発揮しそう。

上がZenFone 3、下がZenFone 4の広角レンズで撮影した写真です。ZenFone 4の方が、かなり画角が広く撮影できているのがわかります。

画素数はZenFone 3の1600万からZenFone 4では1200万に下がっていますが、レンズの明るさを示すF値は2.0(ZenFone 3)から1.8(ZenFone 4)に向上しており、より暗い環境でも綺麗に撮影できると思います。

あとZenFone 3のレンズがちょっと本体から飛びだしていますが、

ZenFone 4では飛び出しはなくすっきりとしたデザインになっています。なのでポケットから取り出しやすいと思います。

■指紋認証センサーの位置が異なる

あと指紋認証センサーはZenFone 3/ZenFone 4とも搭載されていますが、配置されている場所が異なります。ZenFone 4では前面下部に(上の写真の左側)

ZenFone 3では背面上部中央に配置されています(上の写真の右側)。

持った状態では、センサーが背面部にある方が指を押し当てやすいのですが、机の上などに置いた状態では前面部にあった方が使いやすいです。このあたりは、それぞれの使い方によって便利になったのか、不便になったのかの判断が異なりそうですね。ぼくの場合は、背面部にある方が使いやすいですけど・・・

■価格はZenFone4が高い

ZenFone4は、CPU/RAM/ストレージ/カメラ/バッタ容量の各スペックでZenFone 3のスペックを上回っているため、価格は高くなっています。税込みで61,344円。正直ちょっと価格が高めですが、スペックの充実ぶりを考慮すれば、この価格くらいになっちゃうのかな。価格でははなくパフォーマンスにこだわる人向きですね。

→参考:ZenFone 4(ZE554KL)実機レビュー:広角レンズを搭載しカメラ機能を充実させたスマホ!

*ZenFone 4の詳細については、ASUS ZenFone Shopを参照してください。

【ZenFone4の価格をチェックする】
Amazon楽天市場

アドセンス

アドセンス

  関連記事

zenfone4-037
ZenFone 4(ZE554KL)実機レビュー:広角レンズを搭載しカメラ機能を充実させたスマホ!

ASUSのSIMフリースマホの人気シリーズZenFoneから最新のZenFone …