快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

ZTE BLADE V7 MAXスペックレビュー:LTEと3Gのデュアルスタンバイに対応したアルミボディスマホ!

      2016/09/22

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。

ZTE BLADE V7 MAXは、オクタコアCPU/3GBメモリ搭載のミッドレンジスマホ。アルミニウム合金のボディを採用することで高い質感を実現しているほか、指紋認証センサーも搭載しています。さらには、SIMカードスロットを2つ搭載しており、LTEと3Gのデュアルスタンバイに対応。1台のスマホで2つの通信回線を切り替えて使用することができます。

ZTE BLADE V7 MAX

引用元:ZTE Webサイト

ZTE BLADE V7 MAXのスペックをチェック!

ZTE BLADE V7 MAXの主なスペックは次のとおり。

BLADE V7 MAX
OS
Android 6.0
ディスプレイ
5.5インチ
解像度
1920×1080
CPU
MediaTek MTK6755M 1.8GHz オクタコアCPU
RAM
3GB
ストレージ
32GB
microSD
スロット

(最大128GB)
カメラ
前面800万画素、背面1600万画素カメラ
ワイヤレス
IEEE802.11 b/g/n
LTE対応
(B1/3/5/8/19)
バッテリ
バッテリ3,000mAh
SIM
スロット数:2 /
スロット1:nano SIM
スロット2:micro SDまたはnano sim
寸法
約77×154×7.2mm
重量
約167g
カラーリング
シルバー/ゴールド
価格(税別)
34,800円

液晶は5.5インチ。解像度は1920×1080ドットのフルHD対応。

プロセッサはMediaTek製のオクタコアでメモリは3GB。この構成であれば、Web閲覧/SNS/動画再生といった、一般的な操作であればストレスなく操作できると思います。

ストレージは32GB。microSDカードスロットを装備しているので、microSDカードを挿入して容量を増やすことができます。最大128GBのmicroSDカードを装着できるので、容量面での不安は少ないかな。

なお、接続端子はmicro USBではなくUSB type-c端子を搭載。前後の向きがないため、さっと接続できるので便利です。

あとジャイロセンサーを搭載しているため、AR機能の付いたゲームも楽しめます。つまりポケモンGOも存分に遊べます。

LTEと3Gのデュアルスタンバイに対応

BLADE V7 MAXでは、SIMカードスロットを2つ搭載。スロット1はnano SIM、スロット2はmicro SDとnano simの兼用になっています。

BLADE V7 MAXの大きな特徴として、LTEと3Gのデュアルスタンバイに対応している点が挙げられます。スロット1と2にSIMカードを刺すことで、1つでLTE通信、もう1つで3G通信の同時待ち受けが可能になります。

アルミ合金+指紋認証センサー

BLADE V7 MAXはボディにアルミニウム合金を採用。プラスチック製のボディと比べて高い質感を実現しています。

また指紋認証センサーも搭載。通常、センサーは背面部や液晶下部に置かれることが多いのですが、このBLADE V7 MAXでは、右側面部の中央に配置されています。この位置にセンサーがあるモデルは珍しいですね。

あと本体の厚みは7.2mmしかなく非常にスリムです。

デュアルスタンバイに興味がある人にオススメ

以上見てきたように、ZTE BLADE V7 MAXは、高い基本性能を装備しつつ、指紋認証センサー、メタルボディという魅力的な特徴を備えています。

何より、デュアルスタンバイ機能を搭載しているスマホが国内ではまだ少ない(現時点ではモトローラMoto G4 Plusのみ)ので、デュアルスタンバイ機能に興味がある人にオススメです。

→参考:モトローラMoto G4 Plusの特徴・レビュー・評価まとめ:LTE/3Gの同時待受が可能
→参考:Moto G4 PlusとZTE BLADE V7 MAXのスペックを比較してみた!

ZTEのミッドレンジモデルV7 liteとの違いは次の記事を参照してください。
→参考:ZTE BLADE V7 LiteとV7 MAXのスペックを比較してみた!

【ZTE BLADE V7 MAXの価格をチェックする】
Amazon楽天市場

アドセンス

アドセンス

  関連記事

ZTE BLADE V7 Liteスペックレビュー:2万1800円で指紋認証センサー搭載!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 SIMフリースマホに注力しているZTEか …

ZTE BLADE E01と1万円台スマホ(FREETEL Priori 3/Acer Liquid Z330)のスペックを比較してみた!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 1万4,800円という低価格を実現したエ …

ZTE BLADE V7 LiteとV7 MAXのスペックを比較してみた!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 ZTEのスマホはいずれもコストパフォーマ …

ZTE AXON 7タッチレビュー:サウンドにこだわった上質なデザインのハイエンドスマホ

AXON 7は、ZTEのプレミアムシリーズAXONに属するSIMフリースマホ。同 …

ZTE AXON 7 miniスペックレビュー:日本初となる「Dolby Atmos」を採用

AXON 7 miniは、ZTEのプレミアムシリーズAXONに属するSIMフリー …

5.5インチ液晶搭載のZTE Blade V580登場!オクタコアプロセッサ+指紋認証機能搭載!!

ZTEからSIMフリースマホBlade V580が発表されました。 液晶は5.5 …

ZTE AXON 7とAXON 7 miniのスペックを比較してみました!

AXONは、性能にこだわったZTEのプレミアムシリーズ。ここでは、AXON 7 …

ZTE BLADE E01スペックレビュー:1万4800円のエントリースマホ!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 ZTEからBLADE E01が発表されま …

HUAWEI P9 liteとZTE BLADE V7 Liteのスペックを比較してみた!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 HUAWEI P9 liteとZTE B …

FREETEL SAMURAI REIとZTE BLADE V7 Liteのスペックを比較してみた!

こんにちは、スマホ大好きのとん吉です。 FREETEL SAMURAI REIと …