快適節約術123(格安スマホで節約しよう!)

SIMフリー格安スマホ+MVNOでスマホの通信料を削減する方法について詳しく解説!

*

SIMフリーiPhoneを使いたいのならiPhone 5sが狙い目かも

   

新たなiPhone 6sシリーズの登場に伴い、現在アップルストアでは、iPhone 5/6/6sと3世代のiPhoneが併売されている状態です。

iPhone 5sは2年前のモデル。今回のiPhone 6sの登場でお役目ご免となるかな、と思ったりしたのですが、どっこいまだまだ現役です。というのも、iPhone 5sは4インチ液晶を搭載したモデルで、iPhone6/6sシリーズには存在しないコンパクトタイプだからです。我が家でも家人がフル活用しています。

iPhone 5sはコンパクトで安い!

iPhone 5sとiPhone 6/6sを比較すると次のとおり。

iPhone 5s
iPhone 6
iPhone 6s
カラーリング
シルバー/
スペースグレイ
シルバー/
スペースグレイ
シルバー/
ゴールド/
スペースグレイ
/ローズゴールド
CPU
A7プロセッサ
A8プロセッサ
A9プロセッサ
ストレージ
16GB/32GB
16GB/64GB
16GB/64GB/
128GB
液晶サイズ
4型
4.7型
4.7型
解像度
1366×640ドット
1334×750ドット
1334×750ドット
カメラ
前面120万画素
背面800万画素
前面120万画素
背面800万画素
前面500万画素
背面1200万画素
サイズ
58.6×
123.8×
7.6mm
67.0×
138.1×
6.9mm
67.1×
138.3×
7.1mm
重量
112g
129g
143g
価格
(税別)
16GB
58,800円
16GB
74,800円
16GB
86,800円
32GB
64,800円
-
-
-
64GB
86,800円
64GB
98,800円
-
-
128GB
110,800円

性能面ではちょっと劣るとことがありますが、やはり価格の安さは魅力。

16GBモデルで比べると、iPhone 5sは6に比べて16,000円、6sに比べて28,000円も安くなります。

また、5インチ液晶や5.5インチ液晶搭載モデルなど、大画面化が進むスマホですが、やっぱり携帯性を重視したい人もいますよね。特に手の小さな人や片手での操作にこだわる人であれば、4インチモデルのiPhone 5sは非常に魅力的な選択肢です。

片手だけで操作できるし、なんといっても112gと軽いので持っていても疲れにくいです。

2年前に発売されたモデルなのにまだ販売継続ということは、
・新しいシリーズに4インチ液晶のコンパクトモデルが用意されていない
・ボディの小ささ/携帯性を重視する人から高い評価を得ている
ということなのでしょう。

スペック的にちょっと古さを感じるところもありますが、Web閲覧/SNS/動画再生といった一般的なタスクでは不満に感じることもなく、カメラ性能もそこそこ充実しています。ツイッターなどに投稿するぐらいであれば十分なレベルです。

家人もiPhone 5sを使っていますが、処理速度・カメラの画質について不満はなさそうです。

どうしてもiPhoneが良くてコスト/コンパクトさ重視ならiPhone 5sがおすすめ!

なんだかんだ言ってiPhoneの完成度は高いので、やっぱりiPhoneがいいという人も多いと思います。でもiPhoneはやっぱり高い・・・と思ったのなら、価格が安くてコンパクトなiPhone 5sを考えるのもありかもしれません。

ただし16GBモデルだと容量に余裕がないので、画像/動画などの大容量データを保存することが多い場合は、もっと容量の多いモデルを選んだ方がいいと思います。

→参考:iPhoneは16GBモデルが安いけど大容量モデルを選ばないと後悔するかも・・・

アドセンス

アドセンス

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>