快適節約術123

ガジェット・PC・家電のレビュー

*

FREETELスマホを購入するなら、FREETEL買取サービスを利用してみるのもありかも!

   

格安料金でLTE回線を利用できるうえ、コスパの高いスマホも提供しているFREETELで、中古端末買取サービスが始まりました。

FREETEL買取サービス

引用元:FREETEL公式ページ

FREETEL買取サービスの概要

送料/査定料/手数料無料

送料/査定料/手数料は無料です。

全メーカー売却可能

どんなメーカーでも売却可能です。

無料スピード査定で下取り価格をチェックできる

FREETEL Webサイトで無料スピード査定を実施して、おおよその下取り価格を確認することが可能。

FREETEL

試しに「Priori3 3S」の下取り価格をチェックしてみたら、上のとおりになりました。

新品/ほぼ新品/非常に良い/良い/可に分類されており、それぞれの価格が提示されています。

安心データ消去

買取してもらううえで一番気がかりなのが、スマホに残っているデータが漏れてしまわないかどうか不安だということ。

FREETEL買取サービスでは、専門スタッフが徹底的にデータ消去。FREETELのWebサイトでは、「お客様がデータリセットをしたスマホをさらに専用データ消去ソフトを使ってデータ消去します!これで電話帳や画像、メールなどのデータを復元される心配はございません。」と記述されています。

FREETELのスマホ購入時のみに申込み可能

FREETELのスマホ購入時のみに申込むことができます。したがって、買取のみの申込みは不可です。

下取り価格に納得できない場合はキャンセル可能

提示された下取り価格に納得できない場合はキャンセルすることができます。

ただし、返送時の送料に関してはユーザー負担(着払い)となるので注意が必要です(参考:よくあるご質問Q6)。

まとめ

FREETELのスマホの購入を検討しており、古い端末は売却したい場合には、買取サービスを利用するのもありかもしれません。手間がかからないうえ、手数料は無料。しかもデータも消去してくれるので安心です。

少しでも安く新しいスマホを手に入れたい人にオススメです。

*詳しくはFREETEL公式ページを参照してください。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

freetelが提供する3つのスマホ(priori2/nico/XM)を徹底比較!

freetelは、月額670円(税抜)からという格安SIM通信サービスを提供する …

FREETEL、モバイルWi-FiルーターARIA 2を発表!

こんにちは、スマホ大好きのナリオーです。 コスパの高いスマホを次々投入しているF …

FREETELで最大1年間毎月1GBまでのデータ通信量が無料になるキャンペーンを実施中!SIMのみの購入も対象に!!

格安料金でスマホを使えるFREETELでSIMを購入すると、なんと最大1年間毎月 …

FREETELが10/27(火)に記者会見を実施!新機種の詳細・発売日を発表するみたい。果たしてどの機種が発売されるのか?

格安のSIMカード/スマホで話題を集めているFREETELが10/27(火)に記 …

FREETELの新しい通信プランを試してみた!速度も速く快適!

SIMカードと格安SIMフリースマホを販売しているFREETELから新たな通信プ …

freetel nicoレビュー:大型液晶を搭載しつつコスパも重視したミドルレンジスマホ

格安SIM/スマホを提供するfreetelのスマホnicoを貸与してもらったので …

FREETEL SAMURAI MIYABI(雅)とKIWAMI(極)を徹底比較してみた!

FREETELのイベントで発売前のSAMURAI MIYABI(雅)とKIWAM …

FREETEL SIMのポケモンGOパケット料金無料化の詳細まとめ

ついに日本でのダウンロードが開始されたポケモンGOですが、FREETELでは、ポ …

FREETELのSIMカード/スマホを安く購入する方法まとめ

FREETELは格安スマホ/SIMカードを提供するMVNO。他のMVNOでは、自 …

FREETELで最大1年間毎月1GBまでのデータ通信量が無料になるキャンペーン実施中!

格安スマホのFREETELで、なんと最大1年間毎月1GBまでのデータ通信量が無料 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>