快適節約術123

ガジェット・PC・家電のレビュー/当サイトの記事にはアフィリエイト広告が含まれています

*

日本通信がソフトバンクの格安SIMを提供?本当ならソフトバンクユーザーにとって朗報になる!

      2016/04/13

老舗のMVNO事業者である日本通信の会長がツイッターで「バンクの格安シムたのしみ」とつぶやいており、ついにソフトバンクの格安SIMが提供される可能性が出てきました。

待望のソフトバンクSIM登場か?

これまで格安SIMを提供するMVNOで利用できるネットワークのほとんどがNTTドコモ。一部でauも使えましたが、ソフトバンクのネットワークが利用できるところは皆無でした。したがって、ソフトバンクで購入したスマホでそのまま格安SIMを使うことは不可能でした。

しかし、日本通信の会長が次のようにつぶやいています。

この英語のつぶやきを意訳すると「格安SIMを利用できなかったソフトバンクの全ユーザーは、総務省のおかげで格安SIMをまもなく利用できるようになるでしょう」。

「もし他のMVNOがソフトバンクのSIMを販売したいのなら、喜んで供給します。是非連絡してください」。他のMVNOにも販売する用意があるとのこと。これがきっかけで、いろんなMVNOでソフトバンクの格安SIMが提供されるのなら、多様なサービスの中から選択できるのでいいですね。

ここまで書かれると、一体いつサービスが始まるのか期待しちゃいますね。

ソフトバンクユーザーにとって朗報!

実際に格安SIMが提供されるとしたら、これまで格安SIMの恩恵を受けることのできなかったソフトバンクユーザーにとっては朗報になりますね。

ぼくも以前はソフトバンクでiPhoneを使っていたのですが、MNPで格安MVNOに移行して、現在は未使用の状態。

→参考:MNPでソフトバンクから格安MVNOに移行して月額コストを3割以上削減しました!

もしソフトバンクの格安SIMが提供されるのなら、このiPhoneを再び活用することができるようになります。これは楽しみだな~

ソフトバンクを使っているけど、料金の高さに悩んでいる人、現在使用しているスマホをそのまま使いたい人にとっては大きなメリットになると思います。期待して待つことにしましょう。

(4/13追記:日本通信の会長が「バンクのシムの発売 計画確認しました」とつぶやいています。
→参考:日本通信がソフトバンクの格安SIMを提供するのも近い?)

*日本通信のサービスに関する詳細についてはb-mobile オンラインショップを参照してください。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

カシオWSD-F10レビュー:カシオらしいアウトドアにこだわったスマートウォッチ!

カメラの祭典CP+でカシオのスマートウォッチWSD-F10が展示されていました。 …

格安SIMを利用している人の割合が前年比2.6倍に増加!

MMD研究所が発表した調査によると、メインで格安SIMを利用している人の割合が昨 …

Googleアカウントの同期設定を外したらバッテリ駆動時間が大幅に延びた!

ぼくは今、ASUS ZenFone 2をメインスマホとして使用しているのですが、 …

「Pokémon GO」のデータ通信料が1年間無料となる「DTI SIM ノーカウント」が発表されました。「Pokémon GO」を存分に楽しみたい人にとってはありがたいかも!!

格安SIMプランを提供するDTI SIMから、「Pokémon GO」のデータ通 …

スマホの通信料を大幅に削減できるMVNOですが、皆が導入をためらう最大の理由とは?

最近MVNOが話題ですね。今年5月のSIMロック解除に向けて新しい事業者がどんど …

【2018年】2万円台で購入できるSIMフリースマホまとめ

最近では、SIMフリースマホの低価格化が進んでいます。かつては2万円台のスマホと …

格安SIMを提供するMVNOとしてなぜDMM mobileを選んだのか?

先日、SIMフリースマホのZenFone 2を購入しました。 →参考:ZenFo …

スマホを解約する際に解約費用を抑えたいのなら、解約解除料の発生しない更新月を確認しておくべき!

スマホを解約する際、更新月以外に解約すると9,500円(税抜)という高額な契約解 …

防水性能を備えたSIMフリースマホをまとめてみました!

スマホを使っているときに防水機能があったらいいな、と思いませんか。 ということで …

ソフトバンクのスマホの解約費用を確認する方法を画像付きで詳しく解説!

最近では、携帯電話会社(NTTドコモ/au/ソフトバンク)間の競争の激化に加え、 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>