快適節約術123

ガジェット・PC・家電のレビュー

*

Windows 10 Mobileスマホの注目の機能Continuumが動く動画をチェックしてみた!

   

Windows 10 Mobileスマホが続々登場していますが、まだ日本でContinuumが動作するスマホは投入されていません。

(写真はFREETEL KATANA01。このKATANA01もContinuumには対応していません。→参考:FREETEL KATANA 01レビュー:ファーストインプレッションを書いてみた!)

Continuumは一体どんな風に動くのだろうと思っていたら、Engadgetの記事に、Continuumのデモ動画がアップされていました。

Continuumのデモ動画

出典:Engadget

このデモでは、Continuumを動かすスマホとしてエイサーのLiquid Jade Primo(日本未発売モデル)が使われています。Liquid Jade Primoのスペックは、Snapdragon 808 64bit 6コアCPU(2コア+4コア)、5.5インチ フルHD(1920 x 1080)、3GB RAM、32GBのストレージ容量とのこと。やはりContinuumを動作させるには、このぐらいハイスペックな構成じゃないといけないんですね。

デモ動画を見た限りでは、ワイヤレスでモニタとキーボードに接続。モニタにはExcelの画面を映した状態で、スマホではカメラで撮影するという使い方のデモを行っています。見ている人達の「お~」という声がちょっと聞こえてきますね。ぼくもContinuumが動いているのを見るのは初めてなので「へ~」という感じ。

Continuumとは?

Continuumとは、Windows 10 Mobile搭載スマホをモニタ/キーボード等に接続して、PCと同じように作業できるようにする機能。Continuumに対応することで、一定の作業に関してはPCレスで行えるようになるのではないか、と期待されています。

でもContinuumに対応するには、ハイスペックな構成にする必要があるため、まだ市場には投入されていない状態。1月下旬に投入が予定されているトリニティのNuAns NEOがContinuumに対応するんじゃないかと言われています。

Continuum対応のスマホが続々登場し、その使い勝手が期待以上のものであれば、Windows 10 Mobile搭載スマホの普及に弾みがつくかもしれません。

アドセンス

アドセンス

  関連記事

BIGLOBEで自撮り機能に特化したASUS ZenFone Selfieと防塵防水性能を備えた富士通arrows m02の提供を開始!

MVNOのBIGLOBEのスマホラインアップに新たにASUS ZenFone S …

これからキャリアでスマホを持つのならNTTドコモがおすすめ!その理由とは?

ぼくはこれまでソフトバンクのiPhoneを使用していました。先日、格安MVNOの …

格安SIMを提供するMVNO事業者を選ぶときのポイント

最近、格安SIMを提供するMVNO事業者に注目が集まっていますね。 MVNOとは …

日本通信がソフトバンクの格安SIMを提供するのも近い?

先日、MVNOの日本通信がソフトバンクのSIMを提供するかも?という記事をアップ …

スマホを解約する際に解約費用を抑えたいのなら、解約解除料の発生しない更新月を確認しておくべき!

スマホを解約する際、更新月以外に解約すると9,500円(税抜)という高額な契約解 …

SIMフリースマホでもモバイルSuicaが利用可能に!arrows M02/AQUOS SH-M02/Xperia J1 Comapctが対応!!

これまでSIMフリースマホでおサイフケータイ機能を搭載したモデルはありましたが、 …

スマホ充電ケーブルが断線しそうだったので粘土型接着剤sugruで修復しました!これすごくいいです!!

iPhoneを充電するときに使用するlightningケーブルが使いすぎでよれよ …

カシオWSD-F10レビュー:カシオらしいアウトドアにこだわったスマートウォッチ!

カメラの祭典CP+でカシオのスマートウォッチWSD-F10が展示されていました。 …

Androidスマホを集めたAndroidコーナーというのがあるんだね!気軽にスマホに触れるからこれはいいかも

先日、近くの家電量販店に久しぶりに寄ってみたら、スマホ売り場にAndroidコー …

MVNOへの移行をおすすめする人の条件とは?

2か月ほど前にMNPでソフトバンクから格安MVNOのBIC SIM(IIJ mi …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>